こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

政務活動費の使い道をHPで公開

2017年09月23日 06時05分43秒 | Weblog


何かと問題になっている「政務活動費」の透明性を図るために収支報告書や領収書などを自宅のパソコンで見られるようにすることが昨日の議会運営委員会で決まりました。
 これまで「政務活動費の使途」を知るためには、議会事務局で「情報公開請求」をしなければなりませんでした。
 実施時期は、来年度かからで実際に見られるのは翌年度の7月からになります。
それまでは、これまでのように「情報公開請求」することになります。

 政務活動費は、議員個人ではなく「会派」に議員一人に年間36万円が支給されています。
会派ごとに収支報告書、会計帳簿、支出決定書、領収書、出張報告書を市議会のHPにおいて公開されます。

 今日は、「彼岸の中日」です。唐川区の秋祭りと敬老会が午後から執り行われます。
この時期、「彼岸花」が真っ赤な花を咲かせています。
朝顔の写真で申し訳ありません。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝令暮改 | トップ | 敬老会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
防護服 (市民)
2017-09-23 23:05:04
http://wonasu.blog.fc2.com/
からつドーナル さん
こちらの記事では防護服の数すら把握しない行政はどうなんでしょうか?思いました。オフサイトセンターはただの金食い虫なのでしょうか?地方公務員は指示待ち学生さんですか?思いました。
Unknown (うらた)
2017-09-25 05:39:43
 防護服だけでなく、原子力防災訓練に「半袖」で住民避難を誘導する職員や避難場所での住所氏名の確認もない避難訓練は「バスハイク」の感がします。
アリバイづくりの訓練では意味がありません。
「原発は事故は起きない」という前提があるから緊張感のない訓練になっているのです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。