こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

真面目さが感じられない

2017年05月11日 06時17分27秒 | Weblog


 一昨日、参院予算委委員会で安倍首相の「憲法9条に自衛隊を書き込む」との発言を受けて小池晃議員が質問しました。
 その映像に映し出されるのは、足組をして薄笑い顔をした不真面目な安倍首相と麻生副首相の姿に唖然とした人は私だけでしょうか。
 小池議員が、真剣に「戦力の不保持と交戦権を否定する条文に自衛隊を書き込むことは矛盾する」と追及しているのに、笑いながらら真面目に答えようとしないばかりか、聞いてもいない共産党綱領を持ち出し「共産党は自衛隊を違憲だいっている」と的外れの答弁を長々と繰り返していました。
小池議員から「共産党の綱領をよく読んで答弁してくださいよ。共産党は、直ちに自衛隊をなくすとは一言も書いてない」とピシャリと釘を刺していました。

 それにしても、国政の大事な問題を議論する場において安倍首相も麻生副首相も謙虚さが感じられない。
これでは、「国会が劣化している」といわれても仕方がありません。
 こうゆう不真面目なリーダーシップのもとで憲法を変えるなどもってのほかです。
国民の目にはどう映っているのでしょうか。
安倍政権に変わる、国民の信頼に応えられる政府を樹立しなければなりません。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相の戦争への暴走にス... | トップ | 共謀罪18日採決とはとんでもない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。