こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

福島の教訓は活かされていない

2017年04月20日 06時25分30秒 | Weblog


 昨日は、再稼働を前提にした山口祥義佐賀県知事が玄海原発を視察しました。
県内外から約60人の方々が「再稼働反対」プラカードや横断幕、幟を掲げて、拙速な再稼働をしないよう訴えました。
 私もマイクを握り、「福島の教訓をいかすというならば、動かさないことではないか」と訴えました。
玄海原発30キロ圏内の7市町で反対を表明している4市長が存在します。
その理由は、放射能放出の重大事故が発生した場合は、行政の区分は関係ありません。
それを、5,000人の町長と佐賀県知事の了解で動かして良いのでしょうか。
再稼働の条件は、福島の教訓は一切活かされていません。

 午後5時からは、共謀罪反対のリレートークに参加しました。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民センター訪問終了 | トップ | シャクナゲが満開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。