こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

共謀罪の先取り

2017年05月18日 06時11分24秒 | Weblog


 今朝の佐賀新聞に、かつて佐賀県警や佐賀地検が「共謀罪の先取り」ととられる事件を紹介しています。
Aさんは、2007年7月、知人から強盗計画の運転手役として誘われ、犯行を阻止しようと警察に通報しました。
しかし、県警は「予定通り行動するように」と要請。Aさんが現場の民家まで行ったところ、別の容疑者とともに逮捕されました。
 知人の指示で目指し帽を買ったことが強盗予備罪に当たるとされたものです。
Aさんは、起訴猶予になったものの20日間拘留され、実名が報道され名誉が傷つけられました。
 佐賀地裁は、2010年に「犯意がないAさんに計画に荷担し続けるよう要請したことは『違法な捜査』」と認定しました。福岡高裁も支持し判決は確定しました。

 犯罪を計画の段階で処罰する「共謀罪」は、警察の思い込みと自白の捜査となりえん罪の温床になることは明らかです。
 即刻廃案を求めます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「安倍政権退陣」を叶えたい | トップ |  安倍首相もアメリカに見習っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。