こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

戦争の足音が

2016年11月20日 06時17分58秒 | Weblog


 今朝の佐賀新聞です。
昨日、南スーダンのPKO(国連平和維持活動)の任務に派遣する出発式が青森市でおこなわれたことを報じています。
 これまでも自衛隊は、PKO任務に当たってきました。
しかし、「安保法制」が強行採決されたことから、今回から「駆けつけ警護」と「宿営地の共同防衛」の任務が新しく課せられました。

 PKO派遣には、紛争が終わり、治安が安定している事などが派遣の条件でした。
ですから、平和維持のために民生面が主な任務でした。
 しかし、南スーダンは、「内戦状態」が今でも続いています。
7月には、300人とも1000人とも云われる死者を出す「戦闘」があったと伝えています。
政府軍が、PKOが実施している難民住宅を攻撃するという事態も起きています。
 このように憲法に違反し、危険をもおかしてまでして自衛隊を派遣する「国益」があるのでしょうか。

 PKOの要件を満たさないなかでの自衛隊派遣は、「戦争をしにいくようなもの」です。
いったん銃をとれば、「殺し殺される」のは目に見えています。

 日本国際ボランティアセンターの今井髙樹さんは、「現地は内戦状態」と指摘し、自衛隊が駆けつけ警護で武力行使をすれば、日本に敵対感情が向き、私たちの活動がやりにくくなる懸念があると指摘されています。
 さらに、政府は現状をきちんと見て、軍事ではなく外交支援として何ができるかを議論すべきと日本政府に指摘しています。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「いのこさま」まつり | トップ | 唐津幼稚園創立100周年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事