こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

政治を変える選挙に

2017年10月11日 06時13分57秒 | Weblog


 いよいよ総選挙が始まりました。
安倍首相は「国難」といって解散しましたが、国民は「600億円も使って解散して欲しい」と願ったわけではありません。
国会を開くと「森友・加計学園」問題を追及されることを恐れて「解散」へ逃げた「わがまま解散」ではないでしょうか。
 この選挙では、「安倍政治を変える一点での共闘」を掲げて、「希望の党+維新の会」が盛んにいっていますが、中身は、自民党の「憲法を変え、安保法制容認」することは共通です。
政権を変えても中身が同じであれば、政治は変わりません。
政治の中身を変える選挙にしましょう。

 大森候補の出発式に、社民党の伊藤一之市議が駆けつけてくれました。
伊藤市議は、「挨拶することに悩んだが、立憲主義、平和主義、民主主義を守る自分の政治信念を託すために大森さんに頑張って欲しい」と力強い挨拶をしてもらいました。

 夕方は、私の集落で「まちかど演説会」を開きました。
前日、案内のチラシを入れたにも係わらず多くの方が参加して頂きました。感謝。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆院選挙がスタート | トップ | 決算議会最終日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-10-12 08:15:47
衆院選(22日投開票)で、共産党が誤算に焦っている。「野党共闘」の主導権を握って影響力拡大を目指したが、民進党が分裂し、多くが希望の党に合流したことで、共闘は“ご破算”となった。やむを得ず立憲民主党、社民党と協力し、左派3党で勢力進展を図るが、存在感は薄れた。九州・山口でも選挙区の戦いは厳しく、比例に活路を求める従前の路線に先祖返りした。

なにせ志位委員長の顔が不細工。
産経のコピペ乙 (餡乃有無)
2017-10-12 19:31:25
Unknownよ、

産経の記事をそのまま貼り付けるなら、引用先をきちんと書くのが日本人としての最低限のマナーなんだがな・・・。
最後の1行の駄文だけが一生懸命考えたコメントとは(笑)
    ↓
【産経ニュース】 2017.10.11 21:33
http://www.sankei.com/politics/news/171011/plt1710110056-n1.html

おまえも1投稿50円のクラウドワークスのバイトだろ。こんなんで小遣い稼ぎせずにちゃんと働けよ。
「美しい日本」だねぇ。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事