こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

明治維新150年事業に異議あり

2017年09月06日 06時40分09秒 | Weblog


  「 明治維新150周年事業に異議あり」とある老人の方が事務所に来られました。
初老の老人は「戦争の道具である大砲を作ったことを佐賀県は『佐賀は最高!』と呼んでいるが日本国憲法に違反するものではないか」とおっしゃいました。
 加えて「葉隠れ精神を強調されておられるが、君主のためには死ぬことをいとわない思想」だとおっしゃるのです。
 そして、「米作り日本一」など民生面でのすばらしさを強調すべきではないかと話されました。
 武器がすばらしい!人殺しを賛美する事業に疑問をもつ視点も必要だと思いました。

 写真は、西唐津公民館の移転に伴う予算が出されていましたので、現場を見にいきました。西唐津公民館は、沿岸地域にありながら高台に設置され、お隣に「妙見神社」があり、子どもの遊び場もあり住民避難場所でもあります。
 公民館では、ミニバレー、卓球、笛の練習など多くの方が楽しんでおられました。
これらのコミニティー活動を支援するのが公民館の役割です。
どんな公民館にするのかも地域の要望を取り入れて建設して欲しいものです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランキング

blogram投票ボタン