春夏秋冬

水生生物雑記帳・男鹿半島幻想・四季の生物など
  メールアドレス:kmitoh#cello.ocn.ne.jp #は@

古事記:イザナギとイザナミ

2012-02-09 19:00:00 | 霞んだ光景
Kojiki12021001


 老化現象で、頭の中の配線がおかしくなってきたせいなのだろう、
脈絡もなくいろんなことが浮かんできたりする。
 そして、大切なことは忘却していく。
 
 昨夜は古事記のイザナギとイザナミのことが、なぜか頭の中を駆け巡った。
 どうせだから、いま遊んでいる3DフリーソフトBlenderとmakehumanで描いてみることにした。
 
 
 最初、イザナギとイザナミに貫頭衣を着せるつもりだったのだが、
なにも着せない方が、この場面にはあっているだろうと裸のままにした。
(なによりも、服を作る手間が省ける。^^;)
 
 
 中学生のとき、原文と現代語訳が載った古事記の、
この部分だけ、繰り返し読んでは、興奮をしていたのを思い出す。
 
 「我が身は成り成りて、成り余れる処一処あり。かれ、この吾が身の成り余れる処を
もちて、汝が身の成り合はざる処にさし塞ぎて・・・・。」
 
 
ソフトについて:
 最初髪は、Gimpで描いたが、練習なのだからと思い直して
Blenderで描きなおした。
 髪をとかすのが難しい。
 

参考:古事記 次田真幸 講談社学術文庫
 
 


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« kmitoh悪魔の辞典(23) | トップ | そろそろ冬眠から覚めるかな »