TREASURE BOX(宝箱)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国民の安全より財界の利益優先する安倍政権

2014-07-17 21:59:06 | 日記

                          現在日本全国の原子力発電

 所が全機転停止しています。

 それでも停電が起きず、電力

 は絶え間なく供給されていま

 す。東日本大震災で破壊され

 た東電福島原発事故の収束も

 半ばで原因もしっかりと掴めてい

ないのに、膨大な経費費やされて(一説には5兆円)今後どの位の費やされるのかわ

からないそうです。なんの罪科もない住民の平穏な生活を奪い、未だ持って多くの住民

が住み慣れた土地を離れて家族が引き剥がされて悲惨な生活を余儀なくされています。

これでも原発は安全でコストが安いと言えるでしょうか?先日の大飯原発訴訟でも福井

地裁樋口英明裁判長は「本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、

これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生

活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である」

と明快に述べています。60%の国民が原発の再稼働に反対若しくは不安を感じいます。

それにも関わらず本日の報道によると福島原発の教訓を置き去りにして原子力規制委員

会は16日、九州電力川内原発1・2号機(鹿児島)について、新たな規制基準を満たすと

認めたそうです。しかし規制委員会田中俊一委員長は記者会見で「安全だという事は、私

は申し上げません。再稼働の判断には関わりません」と話したそうですが。一方政権として

は再稼働の責任は規制委員や電力会社にあるという考えでこの日の会見でも菅義偉官房

長官は「原発の安全性は規制委員に委ねている。ここの再稼働は事業者(電力会社)の判

断で決める事だ」とお互いに責任の擦りあいで事故が起きた場合の責任の所在がはっきり

しません。朝日新聞によると放射性物質を撒き散らす深刻な原発事故が起きた場合、住民

をどう逃がし、暴走する原発どう止めるのか等、原子力規制委員会での議論では、こうした

福島の教訓が反映されず。政府は責任を事故前と同じように、地方自治体と電力会社に押

し付けたままだ。

安倍総理が財界のセールスマンとしてトルコに原発の売り込みをしていますが、日本と同じ

地震多発するトルコでは国民の80%が原発に反対だそうですが、万が一トルコで福島原発

並みの重大事故が起きた場合日本はどう責任を取るつもりでしょうか?トルコは大変な親日

国ですがこれが原因で反日的な国にならなければよろしいですが。

私は原発の再稼働には絶対反対です!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍総理の薄汚い野望

2014-07-14 23:00:38 | 日記

 安倍総理の答弁は、どちらに転んでも良いように常に逃げ道を作って白

 黒をはっきりさせないような答弁をしています、まさに官僚的な答弁です。

 聞いている方は隔靴掻痒イライラします。そうしてジワジワと自分の思う

 方向に日本の進路を進めようとしています。14日の午前の答弁でとうと

 う本性の一端を現しました。ホルムズ海峡で機雷除去について「仮に機

 雷が敷設された場合、相当の経済危機が発生したと言える。日本の向か

う原油の8割はそこを通る。誰かがやらなければ危険はなくならないわけで、我が国の国民生活に

死活的な影響が生じる」と言って機雷除去をする必要性を強調したそうですが、しかし日本の石油

備蓄は1年分の余裕があるそうです。その間にそうならないように外交交渉で努力するのが政治で

はないかと思いますが、まして中近東では日本の平和憲法9条は広く知れ渡っていて、非常に親

日的な国が多いと聞いています。そんな日本の影響力を行使して和平交渉に尽力したら一定の効

果は得られると思います。それがアメリカに一方的に肩入れをして機雷除去活動をすればこれは彼

等からみたら戦闘行為とみなされ、日本も攻撃の対象になり否応なく戦争に巻き込まれることにな

ります。絶対戦争には巻き込まれないと安倍総理は強調しますが、実際集団的行使容認を一番歓

迎しているのがアメリカです。世界の憲兵を自認していた、軍事大国アメリカの国力も落ちて自国

一国だけでは、世界を支配できなくなりつつあります。そんなわけで日本の集団的行使容認はアメ

リにとっては絶好のチャンスです。今後国連軍と言う名目で(実際はアメリカ)要請があった場合安

倍総理は拒否する事はできないでしょう。

イスラエルvsガザ(パレスチナ)・ウクライナvsロシア・イラク・シリアの内戦等々で世界中で憎しみ

の連鎖に伴う戦争が起きています。そんな状態を前にしてアメリカも国連も為す術もなく、手を拱

いて見ているだけで誰も止める術もなもっていないようです。そんな渦中に日本がアメリカと一緒

になって参戦したらそれこそ第三次世界大戦です。

そんな時だからこそ日本の誇る平和憲法第九条を世界に広めるべきです。今この憲法九条をノー

ベル賞申請して受理されたそうですが、決定するのは10月頃だそうです。万が一この九条がノー

ベル平和賞に決定したらもしかして贈呈式には当然日本の総理大臣安倍晋三が行くと言う皮肉

な結果になるかもしれませんね・・・・・・。

最後に沖縄石垣市の小学校3年生の増田健琉(たける)君の詩を・・・「そらはつながっているのに

/どうしてかな/どこまでが平和で/どこまではがせんそうなんだろう」。沖縄慰霊の日の追悼式で、

読んだ詩だそうです(朝日新聞天声人語より)。

この増田くんの疑問に我々大人は答える義務があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

否応なく戦争に巻き込まれる日本

2014-07-02 20:21:12 | 日記

 昨日安倍総理は、会見場に

 現れると高揚した得意満面の

 笑顔で、またもあの母と子が

 米国の戦艦に乗ったパネルを

 持ち出して、「海外で突然紛争

 が発生して逃げる日本人を、

 同盟国の米国が救助・輸送し

 てい る時に日本近海で攻撃

 を受けた時、我が国への攻撃

 ではないが、日本人を守るため、自衛隊が米国の船を守れるようにする。日本国憲法が国民の

 命を守る責任を放棄せよと言っているとは思えない・・・」以下略。なんてことを言っていましたが。

 この件は米軍が朝日新聞の取材に明確に回答しています。救助するのは第一に優先するのが

 米国国民で、日本国民の救助は作戦には入っていないか優先順位としては下の方になる。と言

 っていたように端から米軍は日本国民を救助する気なんて無いのです。そんな出来もしない事例

 で、また国民を欺けると思っているんですから、国民も舐められたもんですね。多分この人の頭の

 中にには、評論家の佐高信氏が仰ってるように「『ー略ー安倍さんが守りたいのは日本国民のお

 じいさんではなく、自分のおじいさんでしょう。岸信介元首相の名誉回復しか頭にないんですよ。

 この日の会見で、それが改めてよく分かりました。また安倍総理は「外国を守るために、日本は

 戦争に巻き込まれると言う誤解があるが、ありえない。日本国憲法が許すのは、あくまでも我が

 国の在立を全うし国民を守る自衛の措置だけだ。外国の防衛を目的とする武力行使は今後とも

 行わない。万全の備えをすること自体が、抑止力だ。今回の閣議決定で、日本が戦争に巻き込

 まれる恐れは一層なくなった」しかしもしこれが本音なら、何も無理して解釈改憲で集団的自衛

 権の容認に突っ走ることもないと思いますが、全く言っていることが支離滅裂です。戦争に巻き

 込まれないどころか、今回の集団的自衛権の容認で諸外国には日本は戦争が出来る普通?

 国になると解釈されます。そうなるとテロの標的になる可能が一段と高くなります。また同盟国

 の米国より要請があったら、断る口実がなく応ぜざる得なくなります。安倍総理の期待?とは

 裏腹に 否応なくドンドン日本は戦争に巻き込まれていきます。

 それにしてこんな付け刃的な詭弁で天下の公党「公明党」までが安倍マジックのペテンに掛か

 り自民党と一緒に集団的自衛権の容認に走ったのは情けないです。歯止めになったと苦し紛

 れの弁明をしていますが、全く歯止めになっていません。一番の歯止めは公明党が連立を抜

 けて反対の意志を貫くことです。そうすれば絶対に成立しませんでした。そう言った意味では

 公明党は第一級の戦犯です。一層解党して自民党公明派閥を作ったらどうですか?

 いずれ今後は特定秘密法案で政府の本音を隠して、政府の方針に逆らう人間は締め上げて、

 教育法を改悪して軍国少年・軍国少女を育てて戦前の軍国日本を作るつもりでしょうか・・・・?。

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集団的自衛権容認では平和は守れません!

2014-06-30 22:06:42 | 日記

 ナチスの影の参謀と言われたゲッペルスはヒットラーに

 「もしあなたが充分に大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々

 は最後にはその嘘を信じるだろう。」と言ったそうですが、

 安倍総理の側近にゲッペルスのような参謀がいるのだろ

 うか?そんな嘘に騙せれているのかどうか、安倍総理の

 世論支持率も高止まり、共産党・社民党を除く野党に至っ

 ては余りの支持率の高さに抵抗する素振りは見せながらも、安倍自民党に擦り

 寄って利権の旨みに有り付きたいと言う姿勢が見え見えです。その上今まで抵抗

 する振りをして与党の一角を占めていた公明党までが平和の党という党是をかな

 ぐり捨てて安倍自民党に平伏して、もう国会の形態をなしていません。戦前のよう

 な翼賛国会でイケイケドンドン戦争できる国に邁進です。日本憲法の九条の不戦の 

 誓いはノーベル平和賞の候補に挙がるほど国際的に評価されています。戦後70年

 間この法律のお陰で戦争で血を流さないできました。先進国の中でテロの洗礼にあ

 っていないのは多分日本だけではないかと思います。テロリストの中でもある程度法

 律の知識を持っている人なら日本の第9条は認識されているはずです。安倍首相は

 過日の会見でNGO職員の絵を示して「彼等が突然、武装集団に襲われたとしても、

 日本の自衛隊は救う事が出来ない」と言っていましたが。日本国際ボランティアセン

 ター代表理事の谷山博史さんは「赤旗日曜版6月22日号で言っています。

 「強い憤りを感じています。私達は34年間、アジア、中東、アフリカで様々な支援活

 動をやってきました。その経験から確信を持って言えるのは、NGOが軍隊の警護や

 救援を受ければ、かえって地元社会からの信頼を失い、危険な状況を招くという事で

 す。NGOは安全をどうして確保しているか。それは紛争当事者のどちらにも立たず中

 立を守ること例え正義の旗を掲げても軍隊とは一線を画します。地元社会の信頼を得

 て、地元の人に守ってもらう。これが基本です。日本のNGOは日本が軍事力を使わな

 いことで特別の信頼があるのです」「私が一番言いたいことは、”NGOを守る”などと非

 現実的な理由で、日本が海外で武力行使をする国になり、憲法9条を持つ国として現

 実に海外で築き上げた信頼という特別な資産を失っていいのかと言う事です。日本に

 しか出来ない外交努力の発揮こそが一番期待されているのです」


 ベトナム戦争当時アメリカはアジア人同士を戦わせて自国の国民の被害を最小で抑え

 ようとしましたが、日本は憲法第9条のあるおかげで当時も日本は一人のベトナム人を

 殺さずに済みましたが、いまやアメリカは財政難でその上厭戦気分が盛り上がりでシリ

 アにもイラクに軍隊の派遣が出来ていません、そんなわけでアメリカはどうにかして日本

 に集団的自衛権を容認して早いところ、日本を一緒に戦争の出来る国にしたいはずです。

 それだけに絶対に集団的自衛権は断固拒否です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

核兵器のない世界へ・・・

2014-06-29 21:14:29 | 日記

昨日(28日)我が島本町でも、核兵器反対のデモ行進がありました。参加人

員はわずか50人で、我が町の人口3万人の0.17%ですが、日本の首都東

京で言えば1万7千人に匹敵します。沿道で多くの方々から励ましの拍手や

応援を受けました。

東日本大震災以来日本全国の原発が停止しているにも関わらず(それで

も電気は止まっていません!)。原発はコストが安いと言いますが、大震災

で破壊された福島原発も3年経った今現在も最高の英知を集めても未だ持

ってその原因さえ掴めず、コストは際限なく広がっていきます。モグラ叩きの

モグラのように次々と現れる汚染水の処理に右往左往している有様。平和

に暮らしていた住民の生活を破壊していながら、先日の石原大臣の「早い話

が金目でしょう」(本音?)の発言に代表されるように原発推進の旗を振る政

治家は生活を破壊された住民の事など全く考えちゃいないのです。

原発の稼動がどうして危険か?それは一番危険な事は原発の燃料を燃やす

とプルトニウムが発生します。これが原子爆弾の主要な原料になります。日本

は既に44tの分離済プルトニウムを抱えています。8トンのプルトニウムで長崎

型原爆千発作れるそうです。そう言った意味では日本は既に核保有国の仲間

入りです。しかしもっと大きな問題はこれら危険は廃棄物を未だ持って安全に保

管する術を日本は持っていないという事です(多分世界でも)。トイレ無きマンショ

ンと言われる所以です。放置しておくと一万年もの間危険な放射性物質を放出

すると言われています。

 

上記の写真の人は広島原爆で弟さんを失ったそうです。不自由な体を押して

毎回参加して訴えています。

こんな危険な核兵器と隣り合わせの原発の再稼動は絶対に許してはなりません!

マンションの前や街角で陽気に歌を歌いながら賑やかに訴えました。

小さな子供さんの未来のためにもこんな危険な原発を絶対に残してはなりません!

安部総理はしきりに「国民の平和と安全な生活を守るため」に集団的自衛権行使を

容認すると言ってますが、全く逆です。集団的自衛権で戦争を出来る国にするので

なく、世界でも唯一の平和憲法9条を守ることこそが「国民の平和と安全な生活を守

る事につながると思うのですが。今日の新聞報道にな寄るとイラクの政府(マリキ首

相)にロシアが最新鋭の戦闘機25機供与するそうです。益々イラクが一段と激しくな

る戦火の中で子供・老人・女性など多くの非戦闘員の犠牲者が増えることになります。

集団的自衛権行使容認で日本が戦争の巻き込まれる事が徐々に現実味を帯びてき

ました。

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加