させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

真夜中のラブコール

2016-10-19 08:07:02 | 日々のこと


(写真は 久しぶりの ダイニングバー カフカサンの ステーキ! ステキ‼︎)



最近

ふいに

おとずれる



ワスレモノハナンデスカ感



たとえば

ペディキュアが

剥がれかかっているのを

なんとなく

放っておいたまま



してる

ような






気がつけば

携帯を

握りしめていました



流石

似たもの同士

必ずと云っていいほど

すぐには

着信に

気付かない

ミッドナイトコール



お相手



ムスメ



9月から

インターンシップで

軽井沢へ

赴いていて

早ひと月半



慣れたからか

忙しいからか

はたまた

同じ

B型だからか

すっかり

用事が無いと

連絡が

来なくなって



便りの無いのは・・



自身に

云い聴かせていたけれど

淋しくて

居た堪れなくなって

しまった



折り返しかかって来た

歳の割には

低い

ムスメ



声に

ココロが解けていくのがわかる



話すのは

他愛無い話



日々のコト




「オカアサンノコト ワスレテタ?」



そう

おそるおそる

聴いてみたら

少しだけ

トーンが

高くなって



「ナイ、ナイ!」



そう

笑い飛ばしてくれた




「お母さん

日々忙しいだろうし

もう1ヶ月以上経ったから

すっかり慣れて平気なんだと

想われているだろうから

心配かけそうで

かけきれなかったよ・・」



そして

いつも通りの

落ち着いた口調で

そう補足してくれた



なんと

思慮深く

懐深い

ヒトなんだろう・・



気を遣わせるほど

ズボラで

マイペースな

母で

ゴメンよ



いつも

見守ってくれているのは

きっと

すっかり

親離れしてしまえる

くらいの

力量を

持ち合わせている

ムスメ









電話を切って

すっかり

安心して

ぐっすり眠る

母に



「久しぶりに

声を聴けて 嬉しかったよ。

おやすみなさい」




そんな

毛布みたいな

メッセージまで

記してくれてました





帰ってきたら

だいすきな

キムチ鍋



ガトーショコラ

作ってあげよう



しばらく

見ていないだろうから

あの海まで

ドライブに

連れて行こう



そんなコトしか

出来なくて

申し訳ないけれど



「逢いたかったよ」



そう

笑顔で

伝えよう




あと

ひと月半



がんばろうね



お互い







おんなじさみしさ 〜 平井 堅 〜



急行が止まるだけが

取り柄と馬鹿にしてた

あなたが住むあの街へ向かってる




同じ寂しさに揺られ 

思いがけぬカーブで

掴み取った吊革にギギギと笑われた



こんな風に私はいつも 

掴んだ分だけ遠くなる



壊さないように生きるのに 

壊れてしまうのは何故だろう


愛さなきゃ 

これからを



揺れるたびに掴むのに 

離してしまうのは何故だろう


急がなきゃ 

あなたを抱きしめるために



見向きもされなくなった 

あの店もあのタワーも

車窓に映る自分と重なった



こんな風に私はいつも 

重ねた分だけ怖くなる



叶ったものはすぐ忘れて 

叶わぬことばかり覚えて

許さなきゃ これまでを

乗り換える駅はあるけど 

降りるには荷物が重くて



急がなきゃ 

あなたが私を待ってる



枯れて落ちた花を捨てられずに 

美しさの数を知った



壊さないように生きるのに 

壊れてしまうのは何故だろう


愛さなきゃ 

これからも


揺れるたびに掴むのに 

離してしまうのは何故だろう



急がなきゃ 

あなたを抱きしめるために




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ことりっぷ〜雲仙・島原〜 | トップ | 旅仕度 冬仕度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む