させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

あの時、たしかに、キミは

2017-02-11 23:47:19 | 日々のこと


あの時

たしかに

キミは



ボクを

見て

笑った




それは

愛情とは

少しずれた

親しみを込めたモノ

だったけれど



理由なんか

どうでもよくて



ただ

キミが

ボクにむかって

微笑んでくれた

という

事実だけが

ボクを

セカイの中心へ

押し戻してくれた




ボクであって

ボクじゃないような

日々を過ごしている

この頃の

ボクを



大丈夫だよ

振り返れば

すべてが

アナタの道と

なっている筈だから





知ってか

知らぬか

定かでは

ないけれど



認めてくれたんだ



背中を

優しく

撫ぜてくれたんだ





あの時




たしかに




キミが
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな寒い日に想い出してく... | トップ | IN MY LIFE »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々のこと」カテゴリの最新記事