させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

何番目のオンナ

2017-06-20 08:28:01 | 日々のこと


結婚して

別世帯に

なった

ムスコに

久しぶりに

逢った



相変わらず

仲睦まじく

な、な、なんと

共働き&身重



お嫁さんを

サポートするために

ご飯作りやら

洗濯・掃除にも

勤しんでいるらしい



家に居る時は

全く

しなかったし

独り暮らしの

経験も無いのに

たいしたものだ




〜愛は偉大〜



あーる





ふと

想い立って

尋ねてみた




「ねぇねぇ

お母さんのコト

憶い出すコトある?」







しばし

考え込んでから




「憶い出すよ。



云っても

違う



憶い出さないよ。



云っても

違う

気がする。」



そう

ベストアンサー賞



評したいほどの

回答っぷり






間髪入れず

傍らで

遣り取りを

聴いて居た

ムスメが

半ば

呆れたような

半ば

兄を助けるかの如く




「お母さん!

お母さん。



お母さん。

なんだから

憶い出す

出さない



話じゃないの!

まるで

仕事とワタシ

どっちが大切?

って

聴く

愚問オンナ

みたいな真似

しなさんなよ〜」




笑顔で

咎められたのだった




たしかに




出逢い。



前後は

あろうとも

それぞれの

立ち位置



役割



違うから

ヒトは

色んな

繋がりを

欲し

それに

生かされる



玩具ではないのだから

新しい出逢い



あったからといって

今まで。



すべて

放り出したり

過去にしなきゃいけない

ワケじゃない

のである




そして

気付く




吾に

同じ問いをしてみれば




ムスコは

ワタシにとっては

ムスコ。

だし

傍に居ようが

居まいが

存在感は

変わりはしない






やれやれ



♪ No. 1にならなくていい

もともと特別な

Only one〜♪




いつも唄ってるくせに

自身に

置き換えた

コレだもん

ね(笑)




好きなヒトの前

では

自信がなくなるのが

世の常

オンナのセオリー

なんです




ゴメンよ

ムスコ




自身を生きるのに

家族を守るのに

必死だろうに




余計なコトを

聴いちゃったね




お母さん



お母さん



場所



頑張るからね





誇れる

キミに

負けないよう


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガラスのような口づけを | トップ | 夏至の魔物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む