させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

かたわらの

2017-09-20 02:18:48 | 日々のこと


鬱蒼

なんて





誰が

つけたのだろう





この道












時には









遮る

かも

しれぬが




それが

悪いコト

ばかりじゃない

って



解らないほど

もう

子ども

じゃ

ない

から





目に見えるモノ

すべて

受け容れていたんじゃ



身も

ココロも

保たないでしょう?





せめて



傍ら





指先に

触れるモノ




ココロに

留まるモノ




それだけ



導かれましょう




何処へ

向かうか



未だ

判らない

けれど





信じなさいな




そう

微笑み

包み込むよな



傍ら






木立





守られながら




いつか

見つけ出す




いつか

辿り着く




安住の地








憧れていた

その

場所






コメント
この記事をはてなブックマークに追加