そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

指輪外してあった

2017-04-25 12:29:49 | 日記
大きい夫婦喧嘩のあと、1度もはめなかった結婚指輪を夫がはめるようになった。

すでに気持ちに見切りをつけた私はとうの昔に指輪を外していたんだけど、
それに対抗してか、言葉で言えないから態度で示したのか、私にとってはわけのわからない行動に出た。

離婚してくれ、出ていってくれって言ったくせにか?

今思えば彼はパニックだったのかな。

数ヶ月指輪をしていて、
その間、夫婦について本を読んでお勉強したようで、男女の違い、受け取り方の違いなんかがわかったと言っていた。

そして、無理やり人の気持ちを変えさせよう、なんてことに意味がないことを知ったのか、沈黙の間に彼も指輪をしまったようだ。

やれやれ、最初からわかれば世話がないのだが。

夫婦は、丁度いい距離感が必ずいる。
その人によってそれは違う。

私たちの距離はギリギリまで離れたくらいが丁度いい。

抑えつけて、価値観を押し付けてはうまくいかない。
お互い尊重し合うには、距離を置いた方がいい。

近くにいればいるほど依存もするし、依存するから腹も立ったりイライラもする。
心に致命的な怪我を負わせるくらいなら、向き合っちゃいけない。

極端な話、隣人、くらいの感じでいい。
生活を共にしているから、実際はもう少し近いはずだけど、よそよそしいより一歩近いくらいの感じかな。

前は、相手がそれをよしとしていない感じはあったけど、今はまあそれでもいいか、くらいの空気に変わった気がするので、私はそこに甘んじようかと思う。
そうそう、私のいるのを確認して、聞こえるようにため息つくことが減った気がする。
私のことはそれほどどうでもよくなったかな。

肩の力抜けて、楽しくすごせたら、多分大丈夫な気もするし。

何事も、時間が解決するもんなのかもな。

あの頃みたいに怒ってもいないし、あの時のことは忘れることだってある。
今を楽しむことに集中してれば、暗い事は忘れる事ができる。

どうせ生きるなら、好きなこと見つけて楽しみたいよなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上達 | トップ | そんな怒ってもないけど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事