そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気の乱れ

2016-10-05 14:53:32 | 日記
平然と過ごしている。
水面下は不安定。

普通を装い、見ないふりでやり過ごしている。

別にそれでもいいし、納得できなくても構わない。

普通にしらっと過ごすことを選んでいるつもり。

つもりなのに。

長男はほじくる。

傷を掘り起こす。

お父さんが絡む話をするから、
私は乱調子。

本当にこの話はしたくないのに。
根に持っていることがわらわら出てくる。

私が病気だから「人より傷つきやすい」と、お父さんは言う。
お父さんは、「それほど私を傷つけていない」らしく、私が勝手に傷つきすぎているから病気を治した方がいいという。

そうなると、
私が「そう受け取る」「そう感じる」「そう思う」という諸々を、否定されている事になるじゃないか。
「思う、感じる事」まで制限されて腹が立つ!

と怒りが噴出してしまった。

長男は、「お母さんは病気ではないよ。
そういう場面になったからそう受け取ったんでしょ。」と、わかってくれた。

また頭おかしいからとか言われたくないからお父さんには言わないでね、と、念押ししといたけど、胃が痛くなって薬を飲んだ。

怒りがちゃんとした方法で解消されていないから、違うところで出てしまう。

本人にぶつけられない。
本人にぶつけることは不可能。

何度話そうが、俺は悪くない、お前が悪いとなるから、話すだけ無駄。

癒されないし、嫌いになる一方だ。

そんなふうに思ったんだね、悪かったよ。もう二度と言わないから、なんて言ってくれる人ならとうの昔に仲直りできてる。

その言葉はどうひっくり返っても出ないだろう。

プレゼントや旅行で嫁の気持ちがなんとかなると思っている浅はかな人だ。

私は心がほしいのに、お金で解決できると思っている。

分かり合おうとしたくなくなる。
幻滅。

見ないふりだからしかたないけど、蓋を開けたらこんな有り様。

もうほんとに疲れる。あと何年勤務したらいいでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熱中 | トップ | 劣等感とかの弱いところ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事