そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

泣けてくる

2016-10-16 08:01:12 | 日記
親として、きちんと勉強するように指導するのが当たり前だ、と長男に説教された。
次男を遊ばせてばかりで、甘やかせていることに腹を立てて。

長男も、ものすごい何かと闘っていて、苦しんでいるのだと思う。

父親から次男のことを任された事、自分の失敗を繰り返して欲しくないこと、誰よりも家族思いで、誰よりも真剣に、問題から目を背ける事をしないから、とても苦しんでいる。

私は、自分のことばかりで、不登校の子どもの世話を微妙なラインで見守り支え、一喜一憂しては自分の精神をギリギリにしてしまっている。

私は勝手に傷ついて、ズタボロ状態。

とにかく、人のために動いているようで、自分のためにしか動けないほど憔悴している。

そこへ、叱咤され、私は弱さを露見することになる。
無力なんだ、私は無力だ。

たくさんの言葉をかけて、子どもの心を動かそうとしたが、本人次第だから、状況は変わらない。

努力をしてもしても、親が懸命になればなるほど、子どもはカラに閉じこもる。

それを何年も痛感したことで、いろんな部分で麻痺が生じ、私が頑張りすぎても何も変わらないし、これ以上頑張ったら壊れてしまう、と思って、力を緩めている。

それが、長男にはわからない。

私の立場にならないと、それは誰にもわからない。

もっと芯の強い人だったら、もっと楽天的な人だったら、もっと自信のある人だったら、こうはならなかったかもしれないけど、私は、弱い。

精神状態がギリギリなのを、見て見ぬ振りしているから、そうしないと本当に壊れてしまうから蓋を被せているのに、長男は、それを剥がしにかかる。

悪いわけではない。

長男は現状を変えたくて必死なんだ。

一緒にがんばってよ、と、必死なんだ。

応えない私は最悪だ。

でも、昨夜、全部ぶちまけたら、長男は、さっと冷静になって、数学を次男に教え始めた。

すごい大人だな、と思った。

自分のことで精一杯の私は、情けないな、と思った。
丸投げするお父さんよりも大人だと思う。

私も夫も、自分を守ることしか頭にないから、嫌なことを見ないふり、嫌なことは人に押し付ける、最悪の毒親なんだと思う。

長男は、私も成長させようとしているのか。

せめて、弱いから、ダメだから、という言い訳をせずに、ギリギリの精神状態だろうがちゃんと向き合って、やれることはやらないと、と思った。

すぐに逃げるのが悪い癖。
もう傷つきたくないと、これ以上傷ついたらやっていけない、と、泣いてばかり。

これも、なんとかしないとな。

私はいつまでも子どもなんだ、と、実感させられる。

余裕がでてきたら、なんて、待っていてもできるものでもないのだろうし、能動的にならないといけないな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二度と嫌だ | トップ | ちぐはぐ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。