そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

否定と肯定

2017-03-06 19:54:42 | 日記
そうかあ。

嫌な記憶があって、否定ばかりされてきたからどんな言葉も否定に聞こえるようになってしまったんだ。

だから、少しの事で腹が立って、なんてことになるんだね。

過敏になってたんだな。

大嫌いな人を肯定するのはとても大変。

できれば否定しまくりたい。
悪口言いたい。

罵倒して復讐したいとも思う。
言い負かしたい。
ごめんなさい、と、泣くまでイジメ抜いてやりたい。
そして逆に服従してやりたい。
私を否定する言葉を金輪際一切言わせない。
悪魔のように執念深く攻撃したい。
いっそ目の前から消えればいいと思う。

でもそれは、ものすごいエネルギーを使うことだし不可能だしやらない方が自分のため。
そうしたからといって幸せになれないのはわかってるし。
そんなことするくらいなら美味しいものを食べに行ったり、好きな場所に出かけた方がいいよな。

距離を取ることが一番の幸せなんて、残念な夫婦だな。いや、もうそんなのだいぶ前にわかってることだし。

決意をして、「この人を否定しない」と思っても、全く自信なんかない。
できるわけないとも思っている。
嫌いな人を肯定するなんて、そんなの神業じゃないの?
大丈夫かな。

極端なこというと、そんなの独裁国家みたいじゃないか。なんて思ってしまう。
それを本当に彼が望んでいるのだとしたら、狂人だよな。
なにを望んでいるんだろう。

意見をするな、同じ考え方になれ、なんて、バカだよな。
気持ち悪い。
だから嫌い。

でも、肯定することだけが上手くいく方法だというなら、やるしかないよな。

好きなようにやってもらったらいい。思い通りにすればいい。私の考えを取り入れる気なんかないんだし。
だから、話しかけないでくれ。
そっとしておいてくれ。

私は私で幸せになるのだよ。
あなたのために幸せなるのではない。
同じ家にいるが、別々の人生を生きよう。

と、言いたいところだが、受け入れるはずもないんだよな。
私とあの人は考え方が違うし、執着の度合いも違う。
夫婦は同じ考え方でいなければならない。
仲良くしなければならない、と説教されるだろう。

私の幸せを望んでくれてはいるのだろうか。
さっぱりわからない。
私を絶対に幸せにする、という、あの時の言葉は虚構だったか。
どこが不幸なんだ、ちゃんと食べさせているし好きにさせているじゃないか、とか言いそうなんだよな。
そういや実際言われたわ。
そうじゃないよな。
本当は、受け入れてほしいだけなんだよな。
欠点をあげつらうしか脳のない人から得られるものはない。
欠点もひっくるめて包み込んでくれる人なら文句無しだよな。
この夫婦の間にはそれはないもんな。
互いに全否定みたいになっとるし。

何度も何度も私はアホやなあ。

でもこうして言葉にしないと耐えられない。
つぶやかずにいられない。
書いてもどうこうなるわけでもない気もするが、心のどこかで、書き続けることで自分の心がいつか開放されるんじゃないかと信じている。

どうか私がうまくいきますように。
あの人はまあどうでもいいもんで、私が幸せでありますように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元気なんか出るか | トップ | あああ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事