そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

今日もがまん

2017-05-16 20:52:47 | 日記
自分が被害者ぶってしまう、そういうのはやっぱりよくないのはわかる。

でも、どうしても押さないでほしいスイッチを相手に押されてしまうと、怒涛のように被害者モード突入である。

その兆しが察知できたので、今日はぐっとこらえた。
その時に即座にこらえるしかない。
少し突入したらもう戻れないから。
すぐにコントロールができなくなる。

相手に拍車をかけさせてしまうし、自分も盛り上がってしまう始末の悪さ。

なんなんでしょう。

自分を追い込んで、支離滅裂になって、確かに今、不登校のことだったりでへこんでるし弱りきっているけど、弱っている時こそ、自分をいじめてはいけないよな。

相手が私を責めるようなことを言ったとしても、私は私を責めなくてもいい。
不登校になれと育てているわけでも、勉強するなと言い聞かせているわけでもない。
できる限りやれるだけやれるように、促す努力はしている。
全くやっていない、と、言われる覚えもない。
もっと頑張れと言われても、正直限界がある。
私が頑張っても、本人にその気がなかったら、そんなに意味がない。
どう言ってもなんともならないなら、待つこと、信じることしかできない時もある。
相手はそれを許さない。
いつなん時もガミガミと言い続けろということかな。
逆効果な時もあるんだよな。

言われすぎたらやる気も起きない。
たまに少し言ってあげる。
相手のペースに少しだけ寄り添う。
そうしたいのにな。

不登校については推測でしかものが言えない。本を読んだって、必ずあてはまるわけでもないとも思う。
全てに疲れきっているのかもしれないし、死ぬほどつらいのかもしれない。
そこまではいかなくとも、ストレスで体がいうことをきかないのかもしれないし、とにかく休養を必要としているのかも。

時間を必要としているなら、時間をあげることが大切な気もする。

無理やり頑張れるなら不登校などにはならないだろうし。
頑張れないからそうなってるんだよな。

自分は経験がないからわからない。
こればっかりはわかってあげられない。
情けないけど、親だからといって万能ではない。子どものことは手に取るようにわかるとか、それはまあ、小さいうちくらいのもんだ。

とにかくまだまだ苦悩は続く。
家庭内の人間関係もこじらせっぱなしで、こんなんでうまくいくのか不安しかないけど、そうやってでも生きていくしかない。
そういうもんなんだと思うし、何もなく、ノーマルな人生なんてほんとはないんだと思う。泣いて喚いて怒って笑ってっていうのがまた面白いんだから、全部ひっくるめて楽しく生きよう。

まあ、長い人生そういうこともあるわな、くらいでいいんだよ。
小さい事まで深刻に捉えて、人生の終わりだみたいに大騒ぎしたって始まらない。

なるようになるし、なるようにしかならん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わかんない人 | トップ | 見切り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。