そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

取り越し苦労

2017-04-20 07:38:43 | 日記
明るく、楽しく、普通に、三男が学校に行く。

とても嬉しい。

いつか、それが崩れやしないか、そんな心配をしてしまう。

悪いことを考えておいた方が、あとでガッカリしないとか、そういうふうに生きてきた時もあった。

でも、実際あまりよくない状況でここ数年過ごしてきて、そんなもの役に立たない事も知った。

悪いことが起きるかもしれないと思っていて、
そして悪いことが起きる。
対処なんかできないし、心構えだって全くできない。
ただ、無駄に足掻くのはどちらにしても同じ。

予知したって避けられないことの方が多い。
そして、どん底への道も避けられない。
不幸とは、そうなるようにできている。

それなら、普段はそんな考えなくてもいいんじゃないか。
そう思っているとそうなるともいうし、普段はもっと楽天的でもバチはあたらない。

三男も不登校するかも、なんて思ったら、そうなるのかもしれないな。

なったらなった時。

その時考えたらいい。

父が亡くなった時も、結局はそうだった。
思いもしなかった。
でも起きた。
なるようにしかならなかった。
その中でも、悲しみとともに幸せを噛み締めることも出来たし、悪いことばかりでもなかった。

不登校についてはどうだろう。
子どもは他の人より遠回りしている。

普通に生きた方が楽だったりする。
家に逃げ込んだ方が楽なようでいて、本当は楽なんかじゃない。

人より余計につらい。

人とは違う通り道を通る。

いいこと、は、あるだろうか。
子、親とも、別の意味で困難を乗り越える。
逃げた先の困難。
立ち止まって考える。
嫌というほど考える。
自分を見つめなくてはならなくなる。
苦しい思いをたくさんする。

いいこと?
それは結果的にいいことになるのかな。

夫婦の、関係性を、見つめ直すきっかけになった。
夫婦における私の考え方の歪みを、嫌というほど直視した。
夫婦としてはダメになった気がする。
私、という人間を確立させなければ、生きている意味が無いと思った時から、
夫にとって言うことを聞く従順な妻でなくなってしまったから、何もかもがうまくいかなくなった。
あれ?いいこと、あったんかな。
わからん。
私は私を生きる、と、決断できたことはいいことだけど、その代償が夫婦仲の悪化とは。

私にとってはいいこと。
でも夫婦にとってはよくないこと。

夫が、子育てについて同じ考え方を持て、自分と同じにしないからうまくいかない、と主張しているうちはダメだ。
役割分担でいい、と私は思う。
足りないところを補い合えばそんなものは成立する。

子どもはそこまで馬鹿じゃない。
親の意見が違うのは悪い事じゃない。
そこから自分なりのやり方を見いだすのは、子ども自身だ。

母、父、子、全てが同じ意見なんて気持ち悪い。
違いを認め合ってこそ、ではないか。

犯罪、じゃない限りはそれもあり、これもあり、だと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気構え | トップ | 上達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。