テノール歌手 森岡謙一

テノール歌手森岡謙一のファンサイトです。魅惑の歌に酔いしれている皆様、ご一緒に応援しましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オペラ「蝶々夫人」終わりました

2014-11-23 23:23:36 | コンサート
オペラ「蝶々夫人」
素晴らしい感動で終わりました。

11月22日(土)15:00 北九州芸術劇場大ホールに於いてオペラ「蝶々夫人」が行われました。
もちろん森岡謙一氏は蝶々夫人の夫・ピンカートン。

蝶々さんの愛らしさ・優雅さに魅かれながらも、軽い気持ちで現地妻のつもりで結婚したアメリカ軍人のピンカートン。
短くも楽しい生活を送ってアメリカに帰ったピンカートンの帰りを毎日今日か今日かと待ちわびる健気な蝶々さん。ピンカートンがアメリカに帰ってから生まれた男の子の事は彼は知りません。
誰が何と言おうとピンカートンは必ず私の許へ帰ってくる・・・そう信じて。

ある日長崎の港に一隻のアメリカ船が・・・その船の名前を見て狂喜乱舞して、花という花を撒き散らして待つ蝶々さん。
ところが彼の傍らにはアメリカ人の美しい婦人が・・・
彼はまさか蝶々さんが自分を本当に待っているとは思ってもいなかったのです。
三年間蝶々夫人が自分を心から待ちわびていたこと、子供が生まれていたことを知り、後悔の念に・・・。
蝶々さんは子供をピンカートンとアメリカ人の夫人に託すことを決心し、惨めな自分でいるよりも父親から受け継いだ短刀で誇りを持って自害を・・・・・・・・・・。
遠くからピンカートンの蝶々夫人を呼ぶ声が聞こえるなかで・・・・・。

やっぱり涙・涙でした。子供を託して自害する決心をした蝶々夫人の歌う「可愛い坊や」・・・涙なしには聞く事が出来ません。
自ら短刀を刺し薄れゆく意識の中に聞こえるピンカートンの声「Butterfly〜〜〜!Butterfly〜〜〜!!!」

蝶々夫人役の「久保かしづ」さんもとっても美しく蝶々夫人にピッタリでしたし、もちろん何よりピンカートン、軽率なアメリカ軍人ではありましたが、素敵なお歌でやっぱりやっぱり素敵でした。
優雅で素敵なひと時を過ごさせて頂きました。本当に有り難うございました。
いつまでもお元気で、これからも素晴らしいお歌を沢山お聴かせ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蝶々夫人(マダムバタフライ) プッチーニ

2014-10-22 20:28:20 | コンサート
北九州芸術劇場大ホールに於いて、プッチーニ作曲「蝶々夫人₍マダムバタフライ₎」が上演されます。

もちろん森岡謙一氏は「ピンカートン」役です。
健気に帰りを待つ18才の蝶々夫人の気持ちも知らず、アメリカ人の夫人を連れて来日する女心のわからないピンカートンですが、やはりお歌は素晴らしいので、多分許さずにはいられません・・・・・。

日 時   11月22日(土) 14:00開場 15:00開演
場 所 北九州芸術劇場 大ホール
指 揮    ダニエーレ・アジマン
蝶々夫人   久保かしづ
ピンカートン 森岡謙一

詳しくは北九州シティオペラ公式ホームページをご覧下さい。
http://www.k-cityopera.com/?cat=1





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PAM記念合唱団

2013-08-30 22:09:17 | コンサート
いよいよ「PAM20周年記念第100回コンサート」も明日となって参りました。

今回の第100回コンサートに向けて「PAM記念合唱団」が結成されました。
約100人の方々が集まられ、練習を重ねてこられました。
その最後の練習が8月25日(日)に行われました。
森岡謙一氏の指揮の下、本番に向けて熱のこもった練習会だったようです。
スタッフの方々ははまだまだ準備に余念がないようです。
楽しく、素晴らしいコンサートになる事と期待しています。
皆さま明日は台風の影響で大変な天候になりそうですが、めげずに芸術劇場に参りましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽の広場PAM創立20周年記念・第100回コンサート

2013-08-06 20:58:53 | コンサート


森岡氏がイタリアから帰られて、この北九州を音楽で溢れる街にして、だれでもどこでも気軽に音楽が楽しむ事ができれば・・・・・との思いから設立された「音楽の広場PAM」(Piazza Alla Musica)
ジャンルを問わず、アマチュアやプロの演奏が垣根なく楽しめる会。
20年に渡り、今まで99回のコンサートを続けてこられました。
第100回の記念コンサートを8月31日(土)に北九州芸術劇場・大ホールにて行われます。今まで出演された沢山のアーティストの中から素晴らしい演奏家が集結されます。
次々に色んな演奏家が演奏をしたり、コラボをしたり、ご来場の皆様に楽しんで頂きます。もちろん森岡氏のお歌もお聴き出来ますよ。
最後には出演者全員と今回の為に結成された「PAM合唱団」が「大地讃頌」「花は咲く」を歌いあげます。

森岡氏の素晴らしいお歌をご一緒にお聴きしにまいりましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラ「アイーダ」

2013-05-14 00:16:21 | コンサート
北九州市制50周年記念オペラ「アイーダ」が
アルモニーサンク北九州ソレイユホールにて2月23日(土)・24日(日)に行われました。
ジュゼッペ・ヴェルディ生誕200年記念、北九州シティオペラ創立20周年記念の事業でもありました。
もちろん森岡氏はアイーダの恋人ラダメスを演じられました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色々なご出演

2012-09-14 11:47:43 | コンサート
秋風の気持ちの良い頃となって参りました。
音楽の秋、芸術の秋です。

 9月30日(日) la Gioia di Cantare   福岡フォレスティーナ・・・森岡氏が指導されているアマチュアの方々の発表会
   日本歌曲やイタリア歌曲、オペラアリア etc.

   ところ ホテル・ニューオータニ博多 アイリスの間(3F)
   じかん 14:00 〜

   多分この時にも最後に2曲ほど歌って下さるのではないかと思います。


10月 6日(土) Concert & Social gathering − オペラの夕べ ー
   旧松本邸(西日本工業倶楽部)100周年記念 
   フランス料理フルコースとオペラの夕べ

   ところ 旧松本邸(西日本工業倶楽部)
   じかん コンサート18:00
       ディナー 19:15

   出演  森岡謙一(テノール)
       大西ゆか(ソプラノ)
       宮崎由紀子(ピアノ) 

   Program
       紅葉                     岡野貞一
       初恋                     越谷達之助
       万霊節                    R.シュトラウス
       Think of me "オペラ座の怪人"より      A.W.ウェバー
       マリア
       トゥナイト"ウェストサイド物語"より      バーンスタイン
       乾杯の歌 "椿姫”より             ヴェルディ 
  
       他

10月12日(金)  日本青年会議所全国大会北九州   
   出演  川越塔子(ソプラノ)
       森岡謙一(テノール)

       川越塔子さんは東京大学法学部を卒業、武蔵野音楽大学大学院修了と言う経歴の持ち主で、今注目のソプラノ歌手です。

   プログラムは良く分からないのですが、「コン・テ・パルティロ」(タイムトゥセイグッバイ)も歌われるようです。これは一般の方は入れないので、残念ですね。

10月21日(日) オペラ「紅梅姫」(花尾城の物語) 〜地域の伝承に基づいて〜   
   ところ  黒崎ひびしんホール
   じかん  15:00 (14:30開場)

   出演  紅梅姫  松谷友香(ソプラノ)
       麻生重郷 森岡謙一(テノール)
冷泉院為将 渡邊智美(バリトン)
       柏井   江崎裕子(メゾソプラノ)
       梓    山崎真理子(ソプラノ)
       声優   江口 靖   坂本ひろみ
       舞踊   英 結
       指揮   徳久正紀
       
       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終わりました。 〜オーケストラで楽しむオペラ・ガラコンサート〜

2012-07-28 01:00:24 | コンサート
7月26日(木)午後7時より 「黒崎ひびしんホール」オープニング記念・九州交響楽団 〜オーケストラで楽しむオペラ・ガラコンサート〜 Conductor:Daniele Agiman
終了致しました。
とても素晴らしいコンサートでした。
初めての会場・・・約800のキャパシティのお席は満席以上・・補助椅子が沢山出されて・・沢山の方々がこのコンサートを楽しみにされていたのだな、と思いました。

とても聴きごたえがありました。
こういうコンサートがもっと多くなされれば良いですね。
プロの演奏ってこういうものだな、と思いました。

今回イタリアから招聘された指揮者、ダニエーレ・アジマン氏・・・
私は素人で良く分からないのですが、とっても素敵な指揮だったと思います。
全身全霊で音楽を紡ぎ出されるその指揮には圧倒され、体力がないとこういう指揮はできないな、と変なところに感動しておりました。普段の身体づくりも大変だと思いますし、音楽に対する情熱も体中一杯なのだろうな、と思いました。


もちろん森岡謙一氏は最高でしたよ。

ヴェルディの「運命の力」より「隠れても無駄だったな、アルヴァーロよ」をバリトンの蓮井求道氏と臨場感あふれる二重唱を演じられました。

休憩を挟んで「イル・トロヴァトーレ」よりソプラノの久保かしづさんによる「穏やかで静かな夜」そして久保かしづさんに加えて、蓮井求道氏、森岡氏による重唱「穏やかな夜だ、我が妃はもう深い眠りに・・・」が演奏されました。オペラのその場面を今本当に観ているようでした。

それから最後に「ナブッコ」より序曲の演奏、シティオペラ合唱団による開幕の合唱に続いて、「宿命の怒りの瞬間が近づいて来たようだ」をソプラノ・森野ゆ美さん、メゾソプラノ・日野妙果さん、バリトン・蓮井求道氏、森岡氏が合唱団と共に最後を飾るにふさわしい重唱を演奏なさいました。ブラヴォーの掛け声と鳴りやまない拍手・・・・・感動致しました。

初めて訪れた新しいホール「ひびしんホール」は・・・・・
正面入り口、駐車場、ホワイエ・・・・・少し不便さが目立ちました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラ講座〜オペラの観方・楽しみ方〜

2012-07-19 23:16:21 | 耳より
2012年7月28日(土)
 |襪良堯 14:00 〜
 ¬襪良堯 17:00 〜 60分程度

場所:大手町練習場 大練習室
   (小倉北区大手町11-4 ムーブ10階)
☆講師 【北九州シティオペラ】
     森岡謙一(テノール)
     宮崎希世子(ソプラノ)
     吉松理恵(ピアノ)

  歌劇「トスカ」を題材として、イタリアオペラの音楽事情や公演内容のお話、
  オペラ歌手によるアリア。
  オペラの楽しみ方や見どころなど初めて観賞される方にも分かりやすく解説します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひびしんホールオープン記念:オーケストラで楽しむオペラ・ガラ・コンサート

2012-05-01 16:03:41 | コンサート
黒崎ひびしんホールオープニング記念事業
九州交響楽団 オーケストラで楽しむオペラ・ガラ・コンサート

と き  平成24年7月26日(木) 午後7時開演
場 所  黒崎ひびしんホール(北九州市立黒崎文化ホール)

出 演  指揮:ダニエーレ・アジマン
      九州交響楽団
      森野由み(ソプラノ)
      久保かしづ(ソプラノ)
      日野妙果(メゾ・ソプラノ)
      森岡謙一(テノール)
      藤田卓也(テノール)
      蓮井求道(バリトン)

      北九州シティオペラ合唱団

演奏曲  ○プッチーニ・/「マノン・レスコー」より
      ・間奏曲
      ・”見た事もない美しい人”   デ・クリュー:藤田卓也
      ・”一人むなしく捨てられて”  マノン:森野由み、デ・クリュー:藤田卓也
      ○ヴェルディ/「ドン・カルロ」より
      ・第3幕前奏曲
      ・”共に生き、共に死ぬ”    カルロ:森岡謙一、ロドリーゴ:蓮井求道
      ・”酷い運命よ”         エヴォリ:日野妙果
      ○ヴェルディ/「イル・トロヴァトーレ」より
      ・”穏やかな夜”         レオノーラ:久保かしづ
      ・”この声は”           レオノーラ:久保かしづ、マンリーコ:森岡謙一、ルーナ:蓮井求道
      ○ヴェルディ/「ナブッコ」より
      ・序曲
      ・開幕の合唱            北九州シティオペラ合唱団
      ・”運命の怒りの瞬間が近づいてきたようだ”
                         森野由み、日野妙果、森岡謙一、蓮井求道、北九州シティオペラ合唱団 


 
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファイナル 連続チャリティークラシックコンサート

2012-04-25 00:48:37 | コンサート
東日本大地震 被災地復興支援のためのファイナル
連続チャリティークラシックコンサート




昨年の東日本大地震復興支援のための「連続チャリティークラシックコンサート」も12回を終え、5月12日に今迄の出演者が集って、ファイナルコンサートが行われます。

もちろん森岡謙一氏もご出演なさいます。
皆さま、豪華メンバーのこのコンサートをどうぞお楽しみに。

2012年5月12日(土)  13:00 開場   14:00開演
北九州市立  響ホール

一般:2000円  高校生以下:500円


出演者
山崎真理子(ソプラノ)・森岡謙一(テノール)・山崎箜山(尺八)
上野美科(ヴァイオリン)・田室信哉(フルート)・田元真木(チェロ)
岩崎雅子・高松聡美・坂本めぐみ(パーカッション)
室北昌子・古野康子・澄川孝子・野見山御園・荒田砂代子(ソプラノ)
吉田尚子(クラリネット)・岸本義輝(チェロ)・安川徹(作曲)
吉松理恵・宮崎由紀子・松尾貴子・早川恵美・黒崎愛(ピアノ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北橋市長と音楽を愉しむ会 のこと

2012-04-15 00:18:15 | コンサート
先日お知らせ致しました、4月12日の北九州市戸畑区の西日本工業倶楽部での「北橋市長と音楽を愉しむ会」が終了致しました。

残念ながら私は参加することが出来ませんでした。

森岡氏は
 忘れな草                     デ・クルティス
 フェデリーコノ嘆き(オペラ・アルルの女より)   チレア
の二曲を歌われ、それはそれは素晴らしかったそうです。
お部屋に対して多すぎるぐらいのご来場者数だったそうですので、ビュッフェ形式のお食事も頂きにくく大変だったようですが、森岡氏のお歌を聴く為に来た、と思えばそれはそれで良かった、と言うことのようでした。
羨ましい出来事でした。
次回どこかで歌われる時には必ず・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北橋市長と音楽を愉しむ会

2012-04-10 19:14:34 | コンサート
第6回 北橋北九州市長と音楽を愉しむ会
と き/ 平成24年4月12日(木) 18:00
ところ/ 西日本工業倶楽部

     プログラム

響ホール室内合奏団   〜室内楽のアンサンブルの響き〜
   ヴァイオリン/上野美科・加来洋子・中村美穂・藤松純子・武内麻美
   ヴィオラ/松隈聡子  チェロ/関原弘二  コントラバス/武富裕子
 ○《エウリステナ》序曲 二長調      ヘッセ
 ○《スキャラとグラウコスイ》 イ長調   ルクレール
 ○ カノン                  パッヘルベル
 ○ G線上のアリア             バッハ     他


北九州シティオペラ   〜ソロと合唱が織りなすイタリアの風〜
   ソプラノ/古野康子・松竹玲奈・室北昌子
   テノール/森岡謙一   
   合  唱/北九州シティオペラ合唱団
 ○ ラルゴ(Largo)
 ○ 微笑みつ静けさが(Ridente la calma)        他


森岡氏は何を歌われるのでしょうね。
楽しみですね。
こういう会場で合唱付きと言うのは珍しいので、是非行ってみたいものです。

響ホール室内合唱団の団長でいらっしゃるチェロの素敵な関原弘二さんも出演なさいます。
皆さまお楽しみに・・・。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連続チャリティークラシックコンサート

2012-03-26 12:06:06 | コンサート
昨日3月25日、北九州市八幡西区の「プレリュード」に於いて東日本大震災被災地支援の為のクラシックコンサートがあり森岡謙一氏がご出演なさいました。

一部はソプラノ山崎真理子さんのしっとりとした日本歌曲で被災地の方々に思いを馳せ、
二部が森岡氏のご出演でした。

先ず一曲目は被災地の皆様の為に・・・、とカッチーニの「アヴェ・マリア」でした。

それから

Ancora (もういちど) ・・・トスティ
Ideale (理想の人)・・・トスティ
O del amato ben 私の愛しい人) ・・・ ドナウディ
と続き、

オペラ「トスカ」より素敵な素敵な 
E lucevan le stelle 星は光りぬ) ・・・ プッチーニ

カンツォーネ
Volare ・・・ ビクシオ
Dicitencello vuie 彼女に告げて) ・・・ ファルヴォ
Non ti scardar di me 忘れな草) ・・・ デ・クルティス

映画「シネマパラダイス」より
Seもしも・・・)・・・ モリコーネ

を本当に本当に素晴らしく歌って下さいました。
皆様をお連れ出来たら良かった、と心から思いました。

感動で涙が出ました・・・と言いながら帰って行かれてる方もありました。
私も同じ気持ちでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドリームオペラ ヴェリズモオペラの魅力 終わりました

2012-03-12 15:31:34 | コンサート


北九州シティオペラ主催の「Dream Opera Gala ヴェリズモオペラの魅力」の公演、10日の夜北九州芸術劇場大ホールに於いて楽しんで参りました。
1820年代から20世紀初頭にかけてイタリアで流行ったヴェリズモ文学(それまでの貴族の生活中心ではなく、一般の人々の日常を描写)に影響を受けて書かれたオペラ「ヴェリズモオペラ」のアリアの演奏会でした。

第1部はワリー(カタラーニ)、アドリアーナ・ルクブルール(チレア)、アンドレア・シェニエ(ジョルダーノ)、道化師(レオン・カヴァッロ)、カヴァレリア・ルスティカーナ(マスカーニ)のアリア
第2部はプッチーニのボエーム、西部の娘、蝶々夫人、つばめ、外套、トスカ、からのアリアでした。

森岡氏はボエームより四重唱「さらば甘い目覚めよ」、それからトスカよりトスカとカヴァラドッシの二重唱「マリオ」を歌われました。
いつもながら素敵なお声と情景の浮かんで来るようなそのお歌には引きこまれてしまいました。
ミミ役の久保かしづさんの可憐な様子、トスカ役の宮崎希世子さんの役になりきった様子、どちらも素敵でした。

今回のピアノはイタリア人の Leonardo Marzagalia氏 でしたが、本当に素晴らしい演奏、伴奏でそちらにも聴き入ってしまいました。
最後に東日本大震災のちょうど一年目と言う事で、Marzagalia氏作詞・作曲になる「PREGHIERA」を彼のピアノと出演者全員での歌で演奏して下さいました。
字幕に出るその詩の内容とメロディーには思わず涙せずにはいられませんでした。

以下にその詩の日本語訳を記しておきます。

     PREGHIERA 祈り

いつかそんな日が来るだろう
なすすべも無く・・・
誰も助けてくれず
何も期待できない そんな日が
誰かに話しかける望みもなく・・・
身に沁みるのは苦しみだけ・・・

夜が続く・・・まったく眠れない夜が
自分が何なのかを探しあぐねる夜が
心が失われたように思えるでしょう・・・
その時は思い出しなさい! ただ祈ることだけを!

祈りなさい 祈りなさい 恥ずかしがらずに・・・
祈りなさい 祈りなさい これまで知らなかった程に!
祈りなさい 神様がお助け下さるでしょう
ただひたすらに祈りなさい
祈りなさい 私のように

ああ、マリア様!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴェリズモオペラの魅力

2012-03-02 00:09:38 | コンサート
Dream Opera Gala ヴェリズモオペラの魅力 (ピアノ伴奏によるコンサート)

3月10日  18:00開演
北九州芸術劇場大ホール    主催:北九州シティオペラ

イタリアよりピアニスト「レオナルド・マルツァガリア」さんをお招きしてのオペラアリアのコンサートです。もちろん我らが森岡謙一氏もご出場なさいます。
トスカの二重唱等を歌われる予定です。
楽しみに参りましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加