黒豹の日記。

毎日更新出来ずすみません。思った事や出来事を書いています。どうぞ宜しくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正直ガッカリ。

2013年03月27日 13時12分54秒 | Weblog
こんにちは。

皆さんの中でも、TV中継をご覧になっていた方も多かったと思いますが、私も同様に観戦していました。

結果については書きません。
あれが全て。

「負けに不思議な負けなし」

何方の言葉か忘れましたが、この通りでしょう。


この記事ですが。
確かに、この仕草はいただけないけど。

中指立てるよりは、まだ許せる範囲ではないかと思う。
今回のゲームは、監督の采配で負けたようなものなのだから。

全てを甘んじて受け入れなさい!って事。

何だかここに来て、この監督の「予想外の出来事に対する管理能力」が露呈した感じがするのは、私だけだろうか。



ヨルダン選手“首切りポーズ”にザック監督激怒(サンケイスポーツ) - goo ニュース
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、敗戦。

2013年03月18日 16時13分14秒 | Weblog
こんにちは。

今日は休日、ちょっと疲れていたので9時にゆっくりと目覚めました。
この間に無事に過ごせたことを、感謝せずにはいられませんな。

普段やっているランニングも、今日は完全に休みました。

何たって今日は「WBC」の準決勝でしたし、強風で花粉症の私にとっては、外出はほぼ「自殺行為」に近いものがありました。



観戦開始の先発は「プレモル」。ランニングなんて、こうなったらどうでも良いのです。
しかしながら、判定が辛かったり打線が沈黙したりして、結局は敗戦…ただた残念な結果でしたが、今回のチームはここまでの力だったという事でしょう。

一時ラウンドで某国が敗戦の理由を「食事のせい」「宿舎が最悪」「開催国が寒い」だの言っていた国がありましたが、日本は間違ってもそんな事も言わないと思います。

選手は良くやったのでは、と思います。



チャンスは有りましたがね。
TVの前の私も、ビール~焼酎までの継投は良かったものの、ワインがちょっと…って感じだったかな。

一気に酔いが回りました…お疲れ様でした。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JOURNEY@日本武道館

2013年03月11日 22時12分43秒 | Weblog
ご無沙汰してました。

今は、20年の付き合いである「花粉症」に負けている状態であります。

それでも休日の今日は、趣味のロードバイクを輪行して、東海道線の国府津駅を拠点に山北~開成~秦野と廻って来ました。



国府津から酒匂川を遡って、山北町に入って最初に挑んだのがこの峠。
大した事がないだろうと思ったら、これが結構鍛えられる結果となりました。
550mの標高をナメてました勿論、運動不足もありますがね。




これはこの峠の近くで見つけた、分校跡。
昔ながらの校舎ですが、神奈川県でもこのような場所があったのですね…自分も神奈川県(横須賀市)出身ですが、改めて驚きでした。


夜になって今度は日本武道館へ。

昨年の11月に来日公演を行うことを知って、急いでチケットを確保した「JOURNEY」の公演を観る為です。



30年前のこの時期にも彼等は武道館でライヴをやっていまして、私は観に行ってます。
その時の記憶は未だに鮮明だし、とにかく良かったんですよ。

一時の停滞期を経て、新たに迎えたvocalはフィリピン人である、アーネル・ピネダ。
1980年代の黄金期にメンバーだった、スティーブ・ペリーのように高音域の声量が太く感じました。

曲目は、「Open Arms」「Don't Stop Believin」「Separate Ways」「Escape」等、以前私が観た時と同じような曲を演奏してました。それは仕方ないです。客層も40歳代~が中心でしたから。
でも、一人で来場している人や外国人の方も多かった。

公演も終わって、武道館から九段下に向かう下り坂では、私のような中年男女が感想を語っている光景が多くありました。

やはりAOR世代!!それが全部頷けるものなんだよね~…

本当に充実した休日でした。
また明日から頑張りますよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加