わたしの日記

何でもありで記録します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大日月地神示(おおひつくしんじ)著者神人2016.11.11発行(13)

2016-11-20 05:04:34 | 大日月地神示(おおひ...
大日月地神示(おおひつくしんじ)著者神人2016.11.11発行(13)

元と申すは、元の元の元の大神へと向かって
歩いて下されと言う意味じゃぞ。
神々様も皆々大神の子であるぞ。
大神いよいよお顕(あらわ)れとなりて、
まあ何としたことか、神々様でさえ知らぬ光出るから、
どこまでもどこまでも限りなく弥栄弥栄(やさかいやさか)
でありますこと、どれほど嬉しいかお分かりになりますぞ。
始まりは限りないのじゃ。終わりも限りないのじゃ。
喜びは与えよ。限りなくそなたに与えるぞ。
与えられたらますます皆に与えて下され。
ますます喜びとなりますぞ。限りなくどこまでもどこまでも、
うれしうれしと充ち満ちて神々と共にお暮しなされ。
神々殿も大神と共に、どこまでも限りないのじゃから、
宇宙は限りない生命体(いのち)でありますぞ。
生命(いのち)とは、限りないのが真(まこと)のお姿じゃ。
一二三四五六七八九十(ひとふたみよいつむゆななやここのたり)
から、いよいよ、○(むう)一二三四五六七八九十となったぞ。
艮金神(うしとらのこんじん)うれしうれしと歌唄う。
これみな愛に生きるものへの宝授(たからさず)けじゃ。
これが、艮の真の仕組みであるぞ。食べ物、気つけよ。
騙(だま)したカミ様からは騙した因果がお顕れとなりますぞ。
それぞれ食う物、出所(でどころ)、ようく見極めなされ。
祀(まつ)るとは、喜びに溶け入ることぞ。
あい(愛、合、相)するとは、他を喜ばせ頂くことぞ。
己(おのれ)にすることぞ。祀り合わせ結構結構。
靈はそのものの想念を頂いておるのじゃから、喜び頂けよ。
喜び己となされよ。
神世へ生きる一(はじめ)の行(ぎょう)であるぞ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大日月地神示(おおひつくし... | トップ | 大日月地神示(おおひつくし... »

大日月地神示(おおひ...」カテゴリの最新記事