kaoru

仕事・制作日記
Original&Oredermade paintings
ヒーリング,アート,オープンアトリエ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログお引っ越し◎

2015-05-09 22:46:00 | News
いつもブログを見に来て下さってありがとうございます

長らく続けてきましたgooブログですが、アメブロにお引っ越しすることにしました。

こちらも少しの間は残しておくつもりなので、気になる記事があったらバックナンバー覗きに来て下さいね

今後はこちらのブログで書いていきます、どうぞよろしく
あたらしいブログ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都はんなり女子KAI、蝶シスさんたちありがとう♡&友達のみんなへ

2015-05-06 20:46:05 | 日々
一昨日から昨日にかけて京都に行ってきました
(なんでかんで1年に1回は必ず行ってる、今回は半年ぶりだし・・)


5日のメインイベントが 蝶々さん主催の「京都 蝶はんなり女子KAI」でした。

なにそれ・・・?と友人たちは思うと思うのですが、
感度のいい(宇宙的に)最先端女子たちの交流会パーティー というような感じです。

参加している自分たちも「わたしたちなんで集まってるんだっけ?でも楽しい♡」
みたいな感じなんだけど。

昨日、一緒に過ごしてくれた蝶シスのみんな、ここを覗きに来てくれていたら心からありがとう♡♡♡



平安神宮が5階テラスからよく見えました!


手短に。****

昨日はプレゼンコーナーもあって、絵描きのわたしは埼玉からキャンバスやらイーゼルやらを持ち込みました。
5階のコーナーで展示させてもらい、たくさんのシスちゃんや仲間のみなさんに見てもらえてうれしかったです。


そんななか普段からときどき思うこと・・・・。
絵描き(ほかアーティスト)というのはわかりやすく夢を追い、また実現してると思える肩書きだと思うんですよ。
よく「すごいですね!」「素敵ですね!」ってほめていただきます、ありがたいです。
でも、そう言ってくれる友達は「わたしは普通の会社員だし」とか「趣味ないし」って自分に自信がないように感じることがあります。
でもみんなそれぞれの特技でがんばっているのだとわたしは思っています。
ほんとにそんなこと全然ない!!!人のことはよくよく見えて、自分の得意なことは自分では得意だからこそ
気づいてないだけなんだよ~。

女子KAI参加して、ビデオレター見た方は女子KAIが東京の次に京都で開催されて、東西のバランスとってるって蝶ちゃんが言っていたのを覚えていますか?
最近、ヒーラーのお友達にエネルギーのことなど色々学ばせてもらってるわたしですが、意味がわかる気がしました。
参加してたみんなひとりひとりが、きらきらふんわりな女神のエネルギー体なのだと思います。
どんなカラーの女神さんでもよくて、それこそ、麗だったり艶だったり薫だったり・・・
今まで何度か色んな場所に集まってきたのは、そんなかわいらしいきらきらなシスさんたちを集めることで
女神なパワーを大きく東京に、京都に与えてるって思うのです。
もちろん、自分たちでもその女神パワーのなかにいるから(プラス・ボス蝶々さんの遠隔が入って)、ふわふわした羽根のような、お花のような気分を持ち帰ることができているじゃないですか。わたし今日、体は疲れてたけど心はふわふわでした(^^)

それは存在しているだけで、美しいエネルギーを自分が発しているんだよってことなんだと思います。

蝶シスさんだけでない、みんなもそうです。
なにも表に出る仕事や、発信することを特別にやっていなくてもあなたはあなたでいつでもきらきらなパワーを周りに与えてるんですよ◎
わたしが上から言っていいのかもわかりませんが、自信を持ってほしいです。
できればにこにこいい気分でいるようにしていれば・さらに。
いますでに輝いているから自信を持ってほしいと思います。
(^^)++++

蝶シスさんたち、出来るだけみんなにも情報を発信していきたいと思うので、気になったらときどき覗いてみてくださいね。
いつも応援してくれてる昔からの友達のみんなもありがとう♡


あまり、玄人なメッセージは書かないようにしようと思っているのだけど、どうしても伝えてくて書きました、てへ☆ 見直し、修正はしませ~ん笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都に行ってきます・はんなり~

2015-05-04 00:03:54 | News
5月になりました。
みなさんお元気ですか?

最近は絵を描いたり、友達の凄腕ヒーラーりえちゃんのヒーリングを受けたり、いっぷくさんでカレーを食べたり鶴ヶ島でコーヒーを飲んだり、真面目に働いたりしていました。

髪をばっさり切りました。
ある程度、ここで生まれ変わったので(^^)
ヒーリングはまさに儀式って感じだったし、そのあとの明日香に切ってもらった断髪式も・・・(!)

そしたら、急に暑くなりましたね。
暑いのは苦手です。暑さ自体は我慢できるんだけど、クーラーによる冷えがものすごく苦手です。
今から夏用ハラマキをしています。

さて!
満を持して
明日から京都へ
そして5日は 素敵なはんなり~な女子KAIに参加してきます
昨年7月から1年近く待ったよ~
その間に自分のなかで超進化ありました、激動~
でも今はこれが普通のテンポ~笑
今回はいろいろPRしていいということなので、絵を少しだけ持って行きます。
飾れるといいな



アメブロに引っ越そうか考え中。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋から帰る新幹線のなかで読む三浦しをんは。

2015-04-20 22:27:42 | 日々
ひゃ~! なんと一ヶ月ちかく更新していなかった!

こんなことは最近まれに見る事態!

その間も見に来て下さった方々、ありがとうございます。

さて、その間もいろいろありましたが、

最近はなんとなく地味に落ち着いています。
(忙しいは忙しいのですが、心の問題です)

地味ななかで、ぐりぐりと自分のなかで変化をつづけている感じで
ブログ更新できませんでした。

さて、近頃改めて、自分のすきなことは
喫茶店、散歩、本、旅・・・ということを自覚しています。
絵はすき、というよりは特技です。言語です。

疲れていても、眠くても、元気がなくても
カフェに行く。自転車こいで、電車にのって。

そして、本を読み出すととまらない。
階段で、お風呂場で、歯をみがきながら。

旅行。
近場でも、遠くでも、とにかくわたしはどこかへ行きたい。
そして帰ってくると、またどこかへ行きたい。

最近はGWに行く、京都旅行でどこに行くかということを、
三浦しをんの小説とエッセイを交互に読みながら、
(現在は遂にデビュー作の「格闘するものに◯」を読んでいます)
鶴ヶ島の隠れ家カフェで、自宅で、東海道新幹線のなかでコーヒー飲みながら考えています。

なんだか、厭世的な気持ちになってきた今日このごろです。

4月も外に出るイベントは予定しておりません・待ってくれたみなさんごめんなさい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家系・生き死について。

2015-03-23 21:44:49 | 日々
ちょっと間が空きました!

まず、いつもみんな応援してくれて・愛をくれてありがとう。(メールを返してなくてほんとごめん)

先日、祖父が他界しました。
その葬儀や死を間近で見ているときに、気づいたアイデアがありましたので、

メモとして残しておきます。

(祖父は大変な頑固者で偏屈で、家族を誰よりも愛していながら、完璧さを求めるあまり、人を傷つけ退けてしまう人間でした・・・)

1・人は、魂の修行をしにこの世に降りてきて何十年かレッスンした後、任期満了となると魂は肉体を抜け出なければならないという真実。
  息を引き取った時点で、体は完全な「ご遺体」となってしまう。

2・任期満了となったとき何点くらいに達成したかということはあまり関係なく、問答無用でこの世という学校を卒業した魂は尊敬に値する

3・2については100点を目指したいが、何をすれば100点かということは就学中は本人にはわからないのであり、全力を尽くすべき。
  他人から見たら、10点くらいでも当人には90点くらいいっていることもある。

4・人はみな、この世に生まれ落ちた時点で、相当な「グラウンディング(=地に足をつけることの意)」をしている。
  なぜなら、生まれるということは父、母、またその親という家系・血筋のなかにしか存在できない行為だから。
  生まれた時点で「血筋」という超強力なグラウンディングが存在している。

5・ひとつの人生でクリアしきれなかった課題は、その魂の来世へ、またはその家系の次世代へ継承される。
  ・・・「うちのおじいさんは一生かかって1コマくらいしか進めなかったけど、その1コマはものすごく大きかった、孫であるわたし(たち)
  は確かに進んだその次のコマから人生を進めて行くのだ」と、姉と語った・・・

6・「愛している」という言葉は超強力!すべてのブロックを溶かす。
   わたしは祖父の遺体の前でこの言葉を心のなかで自然と言えた瞬間、次々と祖父への感情が溢れ出てきて本当に心から死を悲しむことや、
   自分が愛されていたということなどを認識することができました。
   生きている人にはなおさら、どんどん使いましょう。最近、この言葉のミラクルさを感じています。

7・お通夜は生前の個人との関係を清算する日。告別式は皆であの世へ送り出す日。
  お通夜にすごいミラクルが起こりました。なぜこの手紙が!?という手紙の下書きが出てきて(祖父の手紙を読むのは生まれてはじめてです)
  それを読んだことにより。6のような気持ちにいたったのです。関係を清算するのに必要なミラクルが発生!

8・人が亡くなれば、生前のいさかいなどはすべてチャラになる。清算というよりはチャラという言葉がぴったり。
  7に同じ。故人のことは悪く言えません。これは本当に本当です。故人は卒業した時点で仏さまになってしまいます!

9・大きな清算と再出発。キーパーソンの他界はそれに関わる人間の状況を大きく変えるのです。
  これは具体的に言わないとわからないのだけど、われら親族の重さが急にかる~く!なってしまったのです!!
  え~!!!ってくらいに。ひとりの命の死は本当に大きいです。車から体重の重い人がひとり降りたよ、みたいな。

10・すごく難しいけど、困難な関係こそ、生前にがんばって解消しておくべき。肉体があるから、けんかもできるのです。
   死んだら、その時点で肉体を持った個人は消えます。どんなに「もう少し」と思っても終わりは終わりなのです。
   目の前の関係や、ものごとに一生懸命接しましょう。(深刻になりすぎず・でも目を向けましょう)

11・子や孫が生きているということそれ自体が命をつなげているということ。名前や血筋を気にする人は多くいると思いますが、
   自分が存在しているということがすでに他界したおじいさんやおばあさんやご先祖様のDNAをつないでいるということ。
   自分も子を産み、命をつなげていきたいと思いました。


という物でした。

当初、ちょうどこの時期に出雲大社で参拝を計画していたのですが、それよりももっともっと大きなイベントが起こってしまいました。

本当に多くの気づきがありました。

わたしが生きている限り、祖父のことを思い出し、新しく学んでいくのだと思います。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加