クオリティー・オブ・ライフ QOL

医院・クリニック開業コンサルタント 佐藤 徹

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メディカルタウン構想に対する考察

2017-07-25 18:15:21 | 日記

  その昔、今から25年以上も前に、診療科の違う複数のドクター同志が集まって、同じ敷地の中に共同出資で戸建の建物を建て、検査機器などを共有する「グループクリニック構想」なるものが、流行り始めた時がありました。お互いに資金を捻出しあい、同じ建物の中で共同経営を行うという構想です。その後この構想は、利害と目的にアンバランスが生じ、最終的にはもつれあい、上手くいかなかったケースが見受けられました。

  上記のように、利害は絡み合わないとはいえ、同一敷地内に違う診療科の医療施設がワンストップで建ち並ぶ、メディカルタウン構想も一見考えると集積性があり、患者にとっても便利なようで、開業を目指すドクターにとっても、飛びつきたくなるような魅力を感じることは、無理のないことのように思えます。しかし、余程用心深く判断をして頂きたいと思うのです。旨そうな話には裏があることを考慮し、開業を希望する医師自身が地域の実態をくまなく調べ、納得がいく(患者様が絶対に来る)場所であるかを理論的に検証してみることをお勧めしたいのです。

  過去にある大手デベロッパーが、新しく出来たばかりの大型団地の入り口に「クリニック開業最適地!3区画!」という、大きな看板を掲げ、開業希望医を募集していました。私にも、どなたか居ませんかという相談を持ちかけられたことがありますが、お断りしたのです。

  理由はというと、いくら数百区画の団地といえども、団地購入者のほとんどは、30代40代が多く、若い年代の傷病率はとても低いのです。ましてや働き盛りのこの年代は、昼間ほとんど働きに出ており、昼間人口が極めて減少する場所だったのです。(結局売れなかったので良かったのですが)

  このように、不動産絡みで、基本的な基礎調査を行わず、「販売ありき」のみで誘致を乞おうとする業者には、執拗なほどの用心が必要だと思うのです。

  ひいては後々に苦労するのはドクター自身なのですから 。    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山へのいざない

2014-05-27 12:03:22 | インポート

 

  25年間勤めたサラリーマン生活の間、若い頃にストレス解消にと始めた山登りも、6年前に独立起業してからは、あえて遠慮して山歩きをかなり封じこめていました。

 しかし今年のゴールデンウィーク、知己の友人に誘われて、久し振りに九州ではとても奥深い山「夏木山」を訪ねてみました。


 この季節、九州の傾山山系「夏木山」には、まるで貴婦人のような、アケボノツツジやミツバツツジ、シャクナゲなどの高山植物が、華やかに競い合って群生しており、清楚な威厳を漂わせ、登った一部の登山者にだけ、その艶やかさを楽しませてくれます。

 

 3人の子供がまだ幼い頃、家族5人で九重山系や、山深い清流でキャンプをしたり、春・夏・秋に高原に咲く花を山野草の図鑑を見ながら花の名前を覚えたり、昆虫を子供たちと追いかけたりしたものです。


 その子供たちも今では全員家庭を持ち、またいつか自分の子供たちを里山に連れて行ってくれることでしょう。子供たちには、本当の自然に触れさせられたことが、何よりもよかったなあと、今になっては思っています。

 山に登るということは、有酸素運動にもなりますし、標高が100メートルが上がるごとに体感温度は
0.6℃下がりますので、クーラーばかりにあたっているよりも、だんぜん体に良い事は明らかです。


 最近は山ガールなどと、若い女性がおしゃれをして、自然に触れることが話題になっているようですが、美容と健康のためにも大変喜ばしいことだと思っています。


 山はよく人生に譬えられますが、数多く登っている経験からも、全くその通りだと思います。ずっと続く急登はありませんし、必ず尾根があり谷があります。何度も繰り返して山頂を極めます。しかし、何も山頂だけが目標でなくても良いのです。帰りの体力を十分残し、無理をせずに途中で下山しても「今日の自分の
ピークはここまでだったのだ。明日も頑張ろう!」と言うような楽観的な精神要素も大切です。Img_1143_3

 

里山や、皆が登るメジャーな山であれば、一定のルールと法則を守って登れば、けして危険ではないし、次の日からの生活の充実感を、自然は必ず約束してくれるのです。




秘境で静かに咲くアケボノツツジ 5月4日夏木山にて 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感 謝

2012-08-24 13:49:53 | インポート

某住宅メーカーに就職して間もない頃、「石の上にも3年だぞ!」と叔父に言われて、その後約25年間、色々なことがあったが、転職することもなく頑張ることができた。今となってみれば、本当に有難いアドバイスであったと、叔父に感謝である。その叔父も早くに他界してしまったが、「人生の目的とは何か」を考えさせられた25年間であった。

医療とは無縁の職場に就職したのだが、仕事をしていく中で、勤務医の方々との縁に学び、「地域医療に貢献されるドクターのサポートがしたい」との思いから、医業経営のノウハウを学ばせていただいた。  今も、地域医療に貢献して頂いている、数多くの先生方のクリニックの開業をお手伝いさせていただけたことは、私にとりまして生涯の財産です。

私が子供の頃に亡くした母に次ぎ、昨年父までも、とうとう他界してしまった。

私がまだ若い頃、父とは良く酒を酌み交わしながら、「生と死論」なるものを酒の肴にしてしまい(親父だから許されたのだ)勢いで父と語らっていくうちに、よく「生老病死」についての議論にまで発展したものです。

Fa067_4 私が、『俺にとって人の死とは、永遠に自身の滅であり、忌み嫌うものである』と告げると、一方父は、『今や宇宙の星が超新星となって生まれ変わることが、科学的に検証できるような時代だ。人間も生命を謳歌し、やがて新しい星が生まれるように、長遠な時空を経て、新しい生命として生まれ変われるのではないか。お前も今の人生を充実させ、生きているうちに他者を思いやる生き方をするんだぞ!』と。 そしていつも必ず最後に『俺の死に様生き様をしっかりとみておけよ!』と付け加えるのであった。理解できたようで出来ないような・・・、父とのこんな議論はいつも深夜まで続いたのである。厳しい父であったが、こんな話に夜中まで付き合ってくれる親父が大好きであったのだ。

いま私は、沢山の仲間達に支えられて生きていることを実感し、感謝の思いを胸に毎日を過ごしている。  ドクターが地域医療の為に、独立開業を成功されて、これからの高齢社会の中で、生きていかれるご高齢者や患者様が、傷病や疾患を少しでも早期に発見・治療され、満足した人生を送られるためにも、私は心を込めて裏方に徹し、開業を目指されるドクターと地域の方たちとのマッチングを成功させるために、精一杯支援させて頂きたいと思っている。

父は、言葉通りに見事な人生の終焉をとげた。

「親父、見事だったね!ありがとう!」と、私はそっと最後の耳元に 囁いた。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山の愉しみ 2

2012-06-04 17:34:40 | ブログ

  季節はまたたく間に移ろい、時の流れと共にまたひとつ年齢を重ねていく。何となく時間だけが、自分の後ろを足早に通りすぎていくように感じられる昨今である。

  

 先月久し振りに、九重黒岳の春の草花を愛でたくなってしまい、いそいそと愛車を駆って登山口まで足をのばしてみた。目的は、黒岳五合目辺りから上部に群生しているシャクナゲである。五月末、この季節の原生林の山中では、様々な植物たちが一斉に競いあって淡い色彩を彩らせてくれています。とても華やかなシャクナゲの群落も愛しいのですが、誰にも殆ど気付かれずにひっそりと咲くイワカガミやマイズルソウ、山シャクヤクなど、自然に根づいたラン科の植物達の共演も密かな楽しみなのです。必ず植物図鑑を懐中して写真と同上するのですが、自然の中で図鑑を開き、本物の花と出くわした時の感動は、言い尽くせない想いが込み上げます。

 

 6月の中旬からは、ミヤマキリシマが咲き始めます。下から山頂を眺めPhoto_22ていると『山火事だー!(笑)』と言う位、山はミヤマキリシマで赤く染まるのです。この時期は、ミヤマキリシマを一目見ようと、九重平治岳と大船山には登山者が一斉に大挙し、登山口には行列ができてしまいます。そんな賑やかすぎる山はあまり好きではないので、少し早めの登山です。

 そんな山に登り始めてもう20数年が経とうとしています。人生と言う登山は、まだ途上です。果てしなき人生行路もまた起伏があり、実際の山のようにアップダウンと、変化の連続です。

20代30代の頃のような、激しい山岳は無理な年齢となりましたが、あの時にはなかった、年齢なりの味わいの深い山に向かい、軽登山靴を履き、また歩き始めた近頃です。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山の愉しみ

2012-01-27 18:19:44 | インポート

 今から20数年前、年齢がまだ20歳代の頃、サラリーマンの生活に慣れ始めたある日、僕は毎日の生活に疲れきっていて、何を血迷ったのかその当時読みふけっていた「新田次郎」や「井上靖」、「松濤明」などの山岳小説にのめり込んでしまい、ふと気がつくと体は九重連山の真っ只中、あの有名な芹洋子さんが歌った「坊がつる讃歌」の高原に一人立っていたのです。
 かつて登山など、一度も経験したことのないド素人が、ある日単独で地図とコンパスを持って(使い方など知らないのに ・ ・)三時間の道程を経て山の中に独り身を置いていたのです。
 その日の前夜のことは鮮明に覚えていて、まさに遠足前の子供のように未知の探検家へと妄想を膨らませ、当日の朝を迎えたのです。
 しかし、考えてみればこの浅はかな妄想が、のちになって僕の人生を左右するほど、その後の人生に影響を与えることになろうとは、当時は思ってもみなかったのです。
 多い時は年間登山回数80回、山中テント泊数40泊。しかも冬山中心。ほとんどの休日は山に身をゆだねていました。家庭持ちのサラリーマンが行える遊びとしては、かなり度を越していたと、今では反省しきりなのです。平日の休みが殆どだった為、人並みの“休日は優しいパパが一緒で家族サービス!”が出来なかったのは、 至極残念でした。
 当時20代の同世代の友人に『登山に行かないか?』と誘っても『どうしてそんな非生産的なことやるの?』と逆に聞かれ、一蹴されるのが常で、その内に小説に出てくる「孤高の人、加藤文太郎」のように、単独で入山するようになってしまったのです。
 少し話はそれますが、今の時代は本当にうらやましいのです。「山ガール」?「山女子」?山岳ファッションが、若い女性の間でもてはやされ、僕が登っていた頃書店では「中高年の登山学」的な書物が店内をにぎわしており、テレビ媒体では「中高年の登山学」などと言う番組も放映されていました。その為か、標高に比例して女性が少なくなり、標高に比例して女性の年齢が上がっていく。そんな皮肉な現象が、まことしやかにまかり通っていました。
 はじめの内は、九重連山のような柔らかい造形美の、優しい女性的な山にあらゆる角度から(バリエーションで)色んな季節の表情を感じたくて、登っていたのですが、その内に祖母・傾山から大崩山懐にかけて、九州中央の深山にのめり込んでしまうことになってしまったのです。それは『山にのめり込む者にとって、家を尻目に、より過酷な状況に自身を追い込んで行きたくなる当然の帰結であり、山ナルシストの世界と言えるかもしれません』 ・ ・ ィェ、いえました。
 九州中央山岳の山は標高が決して高くはありませんが、真冬の頂上直下での積雪は60センチ以上になることもあり、真夜中のテントの中は、大陸からの寒気が南下した時のテントの外気温度が、マイナス20度近くに落ち込むこともあるので、山全体が暴風雨のような激しい風で、山自体が唸るような轟音で叫ぶのです。そんなテントの中で、寝付かれなくて怯えながら迎えた朝は、テントの中のインナーがバリバリに凍りつき、ついでにシュラフカバー(シュラフを包み込む、等身大の封筒型袋)も凍りつき、なかなか温かい羽毛シュラフの中から抜け出せないのが、難点なのです。
 冬山の愉しみと言えば、氷点下の頂上稜線状を歩いていると、すっかり落葉した支枝に霧氷が凍りつき、一瞬、天井の透き通った青空をバックに、風に支枝が揺られて目の前を、氷の小さな「かけら」、ダイアモンドダストがキラキラと舞い落ちるのです。  
 また厳冬期の夕方、目的地までの視界を遮るクマザサをかき分けながら進んでいると、頭上の常緑樹に雪が降り積もり、雪が夕陽の色に透過して、あたり一面の雪景色が黄金の飴色に染まり、その光彩は体験しようのないイルミネーションで彩られたプロムナードを歩いているかのような、感動的で幻想的な瞬間を独り占め出来るのです。

 山の話になると、つい文章のノリと人格が変わってしまい、エキサイトしてしまって、とても恥ずかしいのですが、最近ネタ切れで、友人や知人に会うと『ブログはあれで最終回だったんだよね』とか『話が硬いね』と、皮肉いっぱいに言われるので、いよいよ山の話を少しずつですが、時折語って参りますので、今後も宜しくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加