飲んだくれのたわごと

ユーリ・マロエフの「たわごと」を色々と・・・

鹿島戦の感想

2017年06月30日 12時15分16秒 | アルビレックス新潟


アルビはマサルが小泉とボランチを組み、守田がスタメン復帰。

キックオフ早々、鹿島のPJがボールを受けたジュフンに猛烈なプレスをかけて、ジュフンはあらぬ方向へボールを蹴りだす。
ジュフンの不安定さを鹿島に狙われている。。。。
それでもそんな不安を払拭するように攻め立てるアルビ。
山崎が縦横無尽に走り回り、貴章の変態トラップや変態シュートに沸き、マサルのミドルに地団駄踏む。
マサルのバー直撃のミドルは、チームの調子がよければ決まっているでしょ。
鹿島にブールを回されるものの、攻め立てているのはアルビ。
マサルのシュートを始め、惜しい展開が何回もあった。
サイドからのクロスに飛び込むもわずかに届かずって場面もあった。
呂比須監督になってかなり攻撃面も良くなってきた。
これなら、勝てるでしょって思った。
しかし、決定力ですよ、決定力。
悲しいほど、今のアルビには決定力が無い。
鹿島にはシュートをほとんど打たれてないんだよ。
対してアルビは前半だけで2~3点取れててもおかしくなかった。
山崎もホニもガリャルドも貴章も他の選手も頑張っているんだけど、あと1歩が足りない。
とにかく決定力ですよ。。。。。。
マサルのボランチってのは安心してみていられた。
後半に入ってさすがにアルビは前半から飛ばしていた影響かペースダウン。
鹿島はギアを上げてきて危ない場面も増えていく。
そしてお決まりのCKから失点。
うーん、なんであそこはフリーにしてしまうのかな。。。。。。
守田もよく弾いたとは思うけど、結局は押し込まれてしまって、持ってないよな。
アルビのGKはホントに持ってないよな。。。。。
鹿島は調子悪かったのだと思う。
けど、調子悪いなりにしっかりとゴール決めてくる。
それでもまだ時間はあるし、前半のようなプレーをしていれば逆転できるはずなんだけど、肝心のホニとガリャルドが精鋭を欠いてしまって。。。。。。
ガス欠だったかな。。。。。。
他のアルビ選手も前半から飛ばしててちょっと動けなくなってきていた。
その隙をつかれたような感じで鹿島のブラジル人コンビに振り回されて2失点目。
完全に付いていけてなかった。。。。。。。。

完敗だったけど勝てる要素もかなり増えてきたゲームだったとは思う。
あとはゴールですよ。
決定力ですよ、ゴール決めれば勝てるよ。
絶対に勝てるよ。

そう感じたゲームだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さて | トップ | 今日は磐田戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アルビレックス新潟」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。