飲んだくれのたわごと

ユーリ・マロエフの「たわごと」を色々と・・・

横浜FM戦の感想

2017年03月21日 12時26分45秒 | アルビレックス新潟


アルビのスタメンGKは守田ではなく大谷。
中盤には成岡に代わりガリャルド、CBには体調不良の冨澤に代わりジュフン。
清水戦からスタメンが3人代わった。
守田の不安定さは今季も解消されてはいない。
大谷に期待がかかるが、浦和時代にアルビ相手に5失点した印象が強く、リーグ戦初出場ってのもちょっと驚いた。
ゲーム開始いきなりのピンチを大谷のビッグセーブでしのぐ。
やはりGKの不安定さは変わらないかと、ちょっと不安になるが、リーグ戦初出場の大谷にはちょうどよかったのかも知れない。
失点していたら、かなり自信を失ってしまったであろうけど。
アルビはガリャルドが入ったことによって、中盤に基点ができた。
清水戦のようなホニを走らす縦ポンサッカーではなくなっていた。
右サイドでは貴章が齋藤学を押さえ込み、左サイドでは心配していたノリヨシが踏ん張っている。
なんとかアルビペースで進んでいるじゃないか、これで先制できればって思ってたら、右サイドからスーパーなシュートを決められた。
ありゃね、もう、シュートが凄かった。
決めた選手を褒めるしかないんだけど、ノリヨシはもうちょっと寄せることはできなかったのかとかね。。。。。。
GK代えても先制されてしまうわけね、とか、このままズルズルとかな、とかネガティブなことしか考えられなかった。
そしたら、ホニが相手GKからボールをかっさらって無人のゴールにボール入れてた。
ヒャッハー!ホーニーーーーーーーーーー!!!
相手の隙を見逃さず、スピードを活かしたホニのアルビ初ゴール。
やっと達也以外のゴールを見ることができたよ。
興奮して、ホニがバクテンするところは見て無かったよ(笑)。
今後もゴール毎ににバクテンするらしい。
ゴール量産して、くるくる回ってほしい(笑)。
ただ、ケガには気をつけてね。
俄然盛り上がる。
しかし、後半からのアルビは攻め手を欠く。
攻撃に迫力が無い、攻撃力不足。。。。。。
特にガリャルドに代わって武蔵が入って攻撃は停滞気味。。。。。。
後半のシュートはマサルのFK1本のみ。
そのFKも絶好の位置だったが、壁に当たって万事休す。。。。。

どこかのコラムに「悪くはないけど」と書いてあった。
うん、悪くは無い、でも、良くも無い。
エースのホニにゴールが生まれたのは今後に向けて明るい材料だ。
相変らず、先制されてしまうし、攻撃力に乏しい。
ガリャルドが入って、中盤に基点はできたけど、頼るのはやはりホニ。
今のアルビの状態だとホニ頼りはしょうがないのかもしれないが、山崎とか武蔵とかをもっと生かせないと厳しい。
マサルも運動量は相変らず素晴らしい。
しかし、彼の武器であるプレースキックからのゴールが生まれない。
特に直接FKってアルビじゃ決めたこと無いんじゃないかしら。
この中断期間でどこまで良くなるかしら?
ああ、アルビの勝ちが見たい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の横浜は | トップ | これは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。