飲んだくれのたわごと

ユーリ・マロエフの「たわごと」を色々と・・・

浦和戦の感想

2017年05月16日 08時23分22秒 | アルビレックス新潟


アルビは4バックにジュフン、富澤、大野と3人のCBをスタメン起用。
3バックなのか、大野が左SBなのか。
試合開始の円陣ダッシュはダッシュしてた。
去年くらいからチンタラ歩いてる選手が多かった、走ってた。
やっと何か意識が変わったのか。
そしたらマサルがのクロスに武蔵がうまく頭で合わせてアルビ先制!
3試合ぶりのゴール。
ちょっと時間帯的に早いかと思ったけど、これで試合の主導権を握れる。
どう守るか、攻めるか明確にすれば。
アルビは攻撃時にはジュフンが左SB、守備時にはマサルがが左サイドに下がって5バック。
守備重視の陣形か。
うまく機能してくれればよいが。
積極的にプレスもかけてるし、いけるんじゃねって思っていた矢先に、ラファエルに左サイドを崩されて失点…
オフサイドに見えたんだけど。
うーん、急造の5バックじゃあ、厳しいか。
いや、5バックなのにサイド崩されるってどういうこと?
そしたらまた同じ形で左サイド崩されて、2失点目。
これもオフサイドかと思ったけど。
うーむ、守れない。
そして、FKから槙野が大谷に蹴りを入れられて決められ、3失点目…
オフサイドだし、ファウルじゃねーか?と思ったが、選手の抗議も認められず。
ガタガタになったアルビはさらに失点を重ねて、計6失点。
なんかレベルが違うんだわ。
それでも選手たちは必死にもがきながら走ってた。
1点でも取り返してやるって頑張ってた。
浦和は明らかにペースダウンしてた。
いなされてたけどアルビ選手たちは必死に食らいついていた。
結局、ペースダウンしてた浦和から1点も奪うことはできなかった。
これが今の浦和とアルビの差なんだと痛感した。
だが、大差がついてても果敢に挑んでいく、食らいついていく。
なんか選手たちの思いというか、なんとかしてやるっていうか、気迫なのかを感じた。
スワンでの大差負けを目の当たりにして、かなりガッカリしたけど、選手たちの気迫あふれる闘う姿勢は見れた。
それには満足できた。
根拠は何も無いけど、まだ巻き返せるって思えた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また今週も | トップ | 巻き返しに期待 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちくわぶ)
2017-05-16 21:32:14
お疲れ様です。ユーリさんはメンテルが強いんですね。私は心がボッキリと折れちゃいましたよ。もう週末になると今度は何点差で負けるんだろって思うようになっちゃいましたよ。私はもうなんか試合みても乾いた笑いしかでなくなっちゃたけどユーリさんには今シーズ最後まで見届けてほしいもんです。
勝利後の祝勝会の料理の写真みるのが楽しみだったのですがアルビがかってくれないとどうしようもないですね~。
Unknown (ユーリ・マロエフ)
2017-05-17 07:47:28
ちくわぶさん

私、メンタル最弱ですよ(笑)。
今季もアルビが負け続けて凹みまくりです。
また美味いもの画像をアップできるようにアルビには頑張って欲しいです。
呂比須監督の手腕に期待します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。