石油通信社のブログ

石油通信社は、石油エネルギーを中心とした情報を発信しています。

第3次告示の是非が最大の焦点   石油精製・流通研究会が初会合

2016-10-25 09:42:43 | 日記
経済産業省は24日、総合資源エネルギー調査会資源・燃料分科会のもとに設置した石油精製・流通研究会(座長・橘川武郎東京理科大学教授)の初会合を開いた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

~~~~~~~~~~~~~
 Today's 日刊「石油通信」
~~~~~~~~~~~~~

◎ 第3次告示の是非が最大の焦点      石油精製・流通研究会が初会合
◎ 調査井の掘削開始、事業性確認へ     出光など11社、福島磐梯地熱発電
◎ 仕切連続値上げで再構築進む       10月下旬の首都圏セルフ市況
◎ 上昇する原油コストをしっかりと転嫁    コスモ、支店長会議で採算販売を徹底
◎ 9月原油CIF、2万9147円         上期は▲37%、2万9106円に
〇 28年4~9月原油CIF価格推移
◎ VOC抑制対策はORVR方式で       森洋全石連会長、石油流通議連に要望
◎ 保安功労者ら90件を決定           KHK、28年度会長表彰

◎ ニュース・フラッシュ
○ EMG、SS向け全油種値下げ
○ EMG、9月末セルフ1451ヵ所
○ コスモ、9月末セルフ1041ヵ所
○ 元売/SS協議の場、元売子会社検討
○ 石油精製・流通研究会メンバー
○ 9月下旬原油CIF値下り
○ 石油海事協会、日本語版基金年報発刊

石油通信社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富山ラインが竣工、ガス安定... | トップ | 油価上昇でHS、LSともに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL