「私の914倶楽部」

語らい、遊び、スポーツ、宴会、旅行を通じて、楽しい仲間でより楽しい人生を!!

体調改善の兆し?

2017-07-12 12:26:59 | 日記
この3年ほど「脊柱管狭窄症」から起きる色々な症状に悩まされて来た。
歩行時の「臀部から太ももの痛み」「足脛のシビレ」「足裏のフワフワ感」を抱え、
「整形外科」での「けん引」「電気治療」を繰り返すも、
症状は一向に改善される節を感じ取れない。
歩行も最悪5分程度の歩行時間の時もあり、一旦座り込んでの休息で回復するのを待つ、
この繰り返しで「歩くのを止めたらどんどん悪くなる」と
信じ込んで耐えてきたが、正直「萎えてくる」日々でした。
追い打ちを掛けられたのが「脳梗塞」これまた幾つかの併発症と後遺症の置き土産?

今年に入り渋々取り組んだのが「禁酒」アルコール抜きの生活!!
3月ごろには、体内からすっかり排除された「アルコール」、
130超えだった「血圧」が120以下に改善、基礎体温は目ざめ時で36.3℃~を維持、
体脂肪15%以下、BMI21.0±、少し表れていた「不整脈」は落ち着き、
低かった「脈拍」は10~15ストローク増加、もちろん血液検査でのγGTPは基準値に収まり、
一時「8.4」まで増加していた「癌胎児性抗原CEA」が「5.4」迄下がって来た。

酷暑を迎えたこの7月、足裏のフワフワ感を抱えながらも、
標高100m台の「披露山ハイキングコース」をクライムすることが出来た。

これは我ながら「おおきな自信の一歩」で、この活動を裏から支えてくれたのは、
言わずと「オカミサン」の功が大きく、
6月中旬に持ってきてくれた一枚の「鍼灸院の開店広告」
更に店先で見つけて来てくれた「足指拡張器具」。
漢方古来の処方と科学的に推奨する、「足指のストレッチ」、
今のところ抱えていた諸症状に対し、一日あたり「コンマナンミリ」程度の改善ながら、
毎日の積み上げがきっと

「もう一度230Ydsのドライバーショット」を実現してくれるかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の始まり | トップ | 奥多摩・檜原村 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事