高処から眺めよ(アウレーリウス・自省録より) 下から眺める(柳屋小三冶)

物事を見るときには、余裕がほしいのですが難しいものです。状況が悪い時は、もっと下から眺めれば、いいのかも。

たわごと・3739

2017-05-26 08:02:23 | Weblog

 きのうのニュースで、元文部省の政務次官の文書の存在の記者会見を見たのですが、この人の発言から、「官邸の意向」の文書があったと考えるのが、自然で正しいのでしょう。官邸は、このことを否定して、多分、それで済んでしまうのかも知れません。ただ、そうなると、やったことを、うやむやに出来るということの、恐ろしさが残ります。共謀(?)して、黒を白だと言ったならば、本来なら総辞職でも、すまないことなのですが、それをやってしまうのは。あの、文書何人が見たのかわからないのですが、もう1人ぐらい出てくれば、ちがうのでしょうが。あと、今の多くの自民党議員の中から、おかしいと声を上げる人が出るかどうかですね。もしかすると、このようなことが、以前にも行われていて、うやむやになっていたのかも知れませんが。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たわごと・3738 | トップ | たわごと・3740 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL