高処から眺めよ(アウレーリウス・自省録より) 下から眺める(柳屋小三冶)

物事を見るときには、余裕がほしいのですが難しいものです。状況が悪い時は、もっと下から眺めれば、いいのかも。

たわごと・3757

2017-06-20 08:03:31 | Weblog

 このところ、将棋の藤井四段の連勝記録で、ほとんど毎日のようにニュースなどに取り上げられています。対局姿勢や話しぶりが、中学生とは思えないところもあって(ほとんど大人)それも人気になっているようです。連勝記録も伸ばしてもらいたいのですが、これから対局する棋士は、イヤでしょうね。勝負師なので勝つことに集中すればいいのでしょうけど。
 人間は、だれしも長所があるとは、よく言われています。私も何か長所があるとは思うのですが、いまだに、わからないでいます。有ったとしても、そんなに長けた長所ではないようです。卓球選手や体操選手も、若い人が出てきますが、それも、ずいぶん練習などをした結果でもあるので、素質があっても、時間をかけて磨かないと、わからないようです。苦しい練習などが出来るのが、素質なのかも知れません。何かできる時間が持てるようになったのですが。。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たわごと・3756 | トップ | たわごと・3758 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL