高処から眺めよ(アウレーリウス・自省録より) 下から眺める(柳屋小三冶)

物事を見るときには、余裕がほしいのですが難しいものです。状況が悪い時は、もっと下から眺めれば、いいのかも。

たわごと・3725

2017-05-13 08:40:47 | Weblog

 今日は、習字があるので、出て来ました。ただ、義理の兄の葬儀から、家内がヒザが調子悪くなって、習字も途中で、戻る予定にしています。
 このところ、年に1度、40年ほど前の仕事仲間が集まるのですが、今年の日程の調整で、15人程度なのですが、65才から70才ぐらいまでの人の状況が、メールで送られてきます。それこそ、立ち仕事をしたらヒザが痛むようになったとか、手術をしたとか、交通事故にあったとか、年だからと書いていますが、不調を報告してくる人が多くいて、驚いています。私も、近い将来、そんなメールを書くことになるのかも知れません。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たわごと・3728 | トップ | たわごと・3729 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL