高処から眺めよ(アウレーリウス・自省録より) 下から眺める(柳屋小三冶)

物事を見るときには、余裕がほしいのですが難しいものです。状況が悪い時は、もっと下から眺めれば、いいのかも。

たわごと・3755

2017-06-16 08:12:45 | Weblog

 週末なので、週間の科学新聞が届いていて、ざっと眺めました。北の丸公園に、国立近代美術館工芸館があるそうです。7月4日からですが、ハッピーなかたちという展示が始まり、ハッピーな工芸品を展示するそうです。私は、その名前も知らなかったのですが、今年40周年だそうです。大人250円ですが、65才以上は無料だそうで、行ってみようと思います。
 65才以上といえば、今週は、ツアーの話を書いていました。参加者は、私も含め65才以上の人がほとんどだと思います。ただ、旅行を多くしているようで、持っているカメラは、高級な大型のものを持っている人が多くいました。携帯で撮っている人は、少数派でした。
 科学新聞の記事に戻りますが、テレビでもやっていましたが、77万年前の地質時代に、千葉時代という命名を、国際機関に申請しているそうです。内容は省略しますが、そうなるのは難しいところもあるのですが。。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たわごと・3754 | トップ | たわごと・3756 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL