高処から眺めよ(アウレーリウス・自省録より) 下から眺める(柳屋小三冶)

物事を見るときには、余裕がほしいのですが難しいものです。状況が悪い時は、もっと下から眺めれば、いいのかも。

たわごと・3730

2017-05-16 08:21:07 | Weblog

 朝、駅に着いたら、人であふれていて、事故で電車が動き出しそうなのですが、乗れるまでには、時間がかかりそうなので、綾瀬の駅まで、歩いて千代田線で行くことにしました。いい朝の運動になりました。ある家の庭には、大きなバラの花が、きれいに咲いていたりしていまいた。でも、千代田線は混んでいて、会社に着いたのが、遅くなりました。
 なので、今日は、この辺にしておきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たわごと・3729 | トップ | たわごと・3731 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL