高処から眺めよ(アウレーリウス・自省録より) 下から眺める(柳屋小三冶)

物事を見るときには、余裕がほしいのですが難しいものです。状況が悪い時は、もっと下から眺めれば、いいのかも。

たわごと・3710

2017-04-19 08:06:00 | Weblog

 きのうは、少し暑い日でした。午後、脳ドックに行って来ましたが、汗をかいて受診していました。結果は、後日だそうです。
 MRIをやったのですが、いままで、3回ほどやりましたが、大きな音は、以前より弱くはなった感じですが、耳をふさがれていても、まだ大きく聞こえますね。何の音なのかわからなかったので、ネットで調べたら、大きな磁場をかけるので、装置がゆがむ時の音のようです。確か、磁場が大きければ、得られる画像の解像度も上がるそうで、さらに大きな音になってしまうようなのですが、最新の装置は、音を減らす技術も考えられて、いるようです。3回目で、その辺の理屈を知りました。
 親戚のおばさんが、100才手前で、亡くなったことを聞きました。千葉の農家のおばさんで、以前、野菜をかついで、時々、売りに来ていたので、会っていました。それで、体力があったので、長生き、できたのだと思います。5,6年前から、施設に入ったそうですが。
 来週、葬儀に行きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たわごと・3709 | トップ | たわごと・3711 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL