高処から眺めよ(アウレーリウス・自省録より) 下から眺める(柳屋小三冶)

物事を見るときには、余裕がほしいのですが難しいものです。状況が悪い時は、もっと下から眺めれば、いいのかも。

たわごと・3636

2016-12-28 08:16:35 | Weblog

 きのうの午前中は暖かったのですが、今日は、普通の寒さに戻り、富士山も見えていました。
 今日が、今年最後のブログです。年明けは、4日になると思います。

 今日の社会面に、将棋の携帯疑惑について少し大きく出ていました。改めて思うと、プロの高段者が、試合中にソフトを参考にするのは、自己否定するのと同じで、やらないと思います。正月休みに、習字を1回ぐらいやろうと思い、習字の本を購入しました。文字は、書いた人の性格を表すと書いてありました。将棋も指した人の性格が出るので、それが、面白いのですよね。そうだとすると、私の書く文字がうまくになったら、性格も変わるのでしょうか?性格が変わらないとすると、字も変わらないことになります。どうなのでしょう。
 来年も、お付き合いください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たわごと・3635 | トップ | たわごと・3637 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL