ともこのとびきり日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

肺腺がん

2017-05-20 12:11:32 | 日記
中村獅童が公表した肺腺がん 新薬オプジーボで劇的効果も (1/3) 〈dot ...
1 日前 ... 初期の肺腺がんを患っていることを公表した歌舞伎俳優の中村獅童(44)。肺がんはが
んの中で最も死亡者数が多く、早期発見が難しいとされている。しかし近年、新薬の登場
で治療環境は大きく変わろうとしている。...(続きを読む)



がん治療・解体新書(2) 心不全薬で転移を防げる
これまで154人の患者で試したデータが野尻氏の手元にある。肺がんの手術をする際にハンプを投与しなかった77人は、2年間でがんが転移再発しなかった確率が67%だった。しかしハンプを投与した77人は91%に向上した。投与した方では明らかに再発が少なかったのだ。(続きを読む)

肺がん・脳卒中など...受動喫煙の医療費、年3200億円超〔読売新聞〕
喫煙しない人がたばこの煙を吸い込む受動喫煙で病気になり、余計にかかる医療費は年3000億円を超すという推計を厚生労働省研究班がまとめた。 対策強化を盛り込んだ健康増進法改正案の今国会への提出を厚労省が目指すなか、受動喫煙による健康被害の大きさが (続きを読む)

受動喫煙による死亡者数はどうやって計算しているのか
肺がん死数は2万人なので、能動喫煙者は2万×23.7%≒4700人である。残りの1万5300人が非喫煙者である。ちなみにこの能動喫煙者の肺がん死4700人のうち約3000人が能動喫煙が原因の肺がん死で、残りの約1700人が能動喫煙が原因ではない肺がん死である*4。(続きを読む)


肺腺がんステージ4、脳転移あり。 ガンマナイフを受けてから経過観察をしていたと...
肺腺がんステージ4、脳転移あり。 ガンマナイフを受けてから経過観察をしていたところ、肋骨への転移が見つかると同時に、胸膜播腫による胸水のため、呼吸が苦しくなってきたため、胸膜癒着術をしようということになりました。 入院し、ドレーンを挿入して胸水は抜けたのですが、その後肺が思うようにふくらまないとのことで、癒着術はやめて、そのままドレーンを抜き、抗がん剤治療をすることになりました。 しかし、その抗がん剤が効くかどうかもわかりませんし、効くとしてもすぐではないでしょうから、どんどん胸水はたまっていってしまうと思うのですが、大丈夫なのでしょうか。 また、その抗がん剤も、シスプラチンとペメトレキセドとアバスチンを同時に投与するとのことなのですが、これはよくあることなのでしょうか?副作用が強く出るのでは・・・と不安でなりません。 また呼吸困難で苦しい思いを繰り返すことになるのか、そしてその苦しさに抗がん剤の副作用の辛さも加わるのか・・・と思うと不安と恐怖でおかしくなってしまいそうです(なお、現時点では脳転移のほうは追加治療などの必要はないと言われています。骨転移に対してはランマーク療法をすることになっています)。 とりとめのない文章で恐縮ですが、おわかりになる方がいらしたらお答えいただければ幸いです。(続きを読む)


<iframe width="340" height="280" src="http://www.youtube.com/embed/7WwaUpCIWEo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体験談 | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。