対局日誌

ネット囲碁対局サイトでの、私の棋譜を記録していきます。
全くの初級者がどう成長していくか、見守ってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第9回正官庄杯

2011-01-14 21:55:55 | 雑談
今日も仕事中、休憩の度に正官庄杯世界女子囲碁最強戦のことを思い出しては、
念を送っていたのですが、帰ってきてガックリ
ヘコむわぁ。

みんみんさんが詳しくレポートしていたので、
自分もmultigoに入力しながら眺めてみましたが、
確かにこれだけ序盤で大利を得ながら勝ち切れないのは、
ダブルパンチを喰らった気分。
ただ中央のシノギは上手くシノいだように見えて、
見た目以上に損していたのかも知れないですね。

前にも書いたとおり、勝負事に関してだけ
かなりナショナリストなので負けたのが超贔屓と関係なく、
ガッカリです!」とだけ強くいっておきます。
中国も1勝も出来ていないということなんて関係ありません
痛みから眼を背けないで何とかしないと…。

頑張れという言葉は、この息苦しい世の中では重すぎるので書きませんが、
ウーン…かける言葉が見つからない。

ただただ声援を送り続けるしかないです。
はぁ…。

さて、この正官庄杯。
月曜日はちょうど成人の日ということで祝日だったので、
知念vs文戦を棋聖道場で観戦していたのですが…。



白6はプロの新機軸なのかなぐらいに思っていたのですが、
黒9に「ナンじゃこりゃ」。
さらに黒11、13をみて気持ち悪くなりました

極めつけはこの図。



下辺の攻め合いはどうしても黒が一手勝ちのようにみえます。
しかし両者ともそこをほったらかして上辺に…。

悶々と30分ぐらい考えていましたが、どうしてもわからず
中国プロの解説では白勝ちと断言していたので
私の頭がおかしいのだろう」
と無理やり納得させて観戦をやめたのですが、
その後、日本棋院のサイトに掲載された終局図をみてビックリ

全然違うやん!

よくよく調べてみるともっもさんのブログに、
棋聖道場は解説付きの棋譜再生には表示崩れがある
と記載がありました。
これか!
(対策も上のリンク先に記載されています)

表記崩れした盤面にハラハラドキドキしていた私って一体…(涙)。
歩様と私は正官庄杯と相性が悪いのかもしれないですね。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「新春お好み囲碁対局」2011... | トップ | 「新春お好み囲碁対局」2011... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。