対局日誌

ネット囲碁対局サイトでの、私の棋譜を記録していきます。
全くの初級者がどう成長していくか、見守ってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「天龍図」絶版・回収へ

2010-08-01 20:50:00 | 棋書


先日創元社から発売されたばかりの「天龍図」
絶版、回収されるそうだ。

前代未聞の出来事に「何故?」とビックリしたが、
『加田衆妙詰碁』からの流用した問題が多数含まれていたため」とのこと。

(「衆妙」がすぐ出てこないので代用)

尤も「天龍図」は創作詰碁とは銘打っておらず、
冒頭で「まだ広く知られていない古典問題」から取材したと明記しているので、
権プロに悪意があったわけではないと思う。
しかし作品が「古典」として流用されていることを
加田先生の遺族の方、あるいは誠文堂新光社が好しとしなかったのだろう。

実際、加田先生はそういう部分にかなりデリケートな方だったらしい。
加田詰碁」内のコラムからもそれはうかがえる。
そしてあくまでも噂だが、
「加田詰碁」が望む声が強いにも関わらず再版されないのは、
遺族の方の許可を得るのが難しいからと聞いたことがある。

一方、詰碁が引用されたり、他の本で使われることはままあるようで、
例えばこのあいだ紹介した「やさしい死活」(工藤紀夫著)には、
私の好きな「前田詰碁」から「取材した」と前書きにハッキリと書かれている。
元は1978年の本だから、前田先生が亡くなって3年後のことだ。
ただ工藤プロは前田門下ではあるけれど。
他には「囲碁力」にも前田詰碁が引用されていた。

また「詰碁の神様」か「百万人の詰碁」かで、
広く知られているため古典と思われていた作品が
実は前田先生の作品だとわかった

という記述もある。
憶測だがきっと前田先生の存命時から
他で度々引用されていたのではないだろうか?
シンプルな良い作品の宿命でもあるように思う。

感動した作品は紹介したくなるもので、
私もこのブログで前田詰碁を引用したいのを度々我慢している。

確かに作品が無断拝借されるのは我慢ならないことだろうし、
商品ということを考えるとかなり問題があるかもしれないが、
「加田詰碁」は今や、私のような棋書マニアでもないと味わえないことを考えると、
ちょっと今回の事件に対しては複雑な気分である。
出来れば改めて許可を取るなり、
許可の下りたものに限定するなりして復刊して欲しいところだ。
ジャンル:
文化
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言いまつがい | トップ | 新刊棋書情報「李昌鎬名局撰... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
他にもダブり (きゃれら)
2010-08-03 07:06:58
 全くの偶然で、他のあまり広く知られていない作家の作品が載っているのを確認して、うーん、古典とは言えない(昭和だもん)なあと思っていましたが、あの加田詰碁も載っていたのか・・・。
 詰碁は他の著作物と違って、作品一つだけで利益を生むのは極めて困難なだけに、この事件で、自分が生きてる間は出会えない詰碁がたくさんできちゃうとしたら、極めて残念です。ただでさえ、詰碁本は売れてなさそうだから、権利処理にかかる手間ヒマには経済合理性が見出しにくいかも・・・。
手間隙 (GO!)
2010-08-03 20:52:32
トラックバック先のdasさんのブログにも同様の話があります。

件の「加田傑作詰碁」や「加田衆妙詰碁」には、
いかにあの本を作るのが大変だったかの、
苦労談というか本当に愚痴が書いてありますから、
詰碁本を作る大変さはわかります。

加田先生の場合、文字通り命を削って、
あの本を作成されたので、
やはり無断で使われるのはご家族には我慢ならないでしょうね。
そんな事情があったとは… (comq)
2010-08-27 00:18:48
GO!さん、御無沙汰しております。久々に書き込みます。(出雲屋さんのページから流れて来ました。)

天龍図がこんな事情で絶版になっていたとは知りませんでした、驚きです。発売直後に偶然見かけてその場で買っておいてよかった。

加田先生の詰碁も再版されないのは大変残念に思います。詰碁の本って、最初の発行部数が少ないせいか(一般には不人気なせいか?)古本でも後から手に入れるの大変なんですよね…。
古本 (GO!)
2010-08-27 20:20:56
首都圏では割と、
「根気良く」古本屋を「1年ぐらい」回れば(笑)、
大体の詰碁の本は手に入ります。

また図書館を利用すれば、
よほどマニア向けでなければ、
取り寄せたりできますね。
そしてよほどのマニア本は、
存在すら知られないし、
ニーズがないのも事実(汗)。

まぁ、ニーズがあっても加田詰碁はかなりレアですが。
とある古本屋に全巻揃ってました。
ただし60000円です(笑)。
著作権 (きゃれら)
2010-09-08 07:39:24
誠文堂新光社「囲碁」10月号のQ&Aで、詰碁の著作権を回答者が「ありません」と言い切ってました。ちょっとびっくり。
著作権 (GO!)
2010-09-09 21:26:08
抗議した誠分堂が「ない」というのはビックリですね。

ということはゴリ押しする余地があったわけですから、
やはり今回の顛末をみても、
権プロに悪意はなかったのだと思います。
Unknown (Unknown)
2012-10-13 23:57:22
著作権はないけどプライドはあるよね?
って皮肉なのかな

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
天龍図問題 (藤枝囲碁サロン)
最近お疲れ気味で、更新をさぼりまくっていますね。 今日も、中部総本部所属の武田初段が碁席にいらしたりと、ネタには困らないのですが・・・全国大会直前の直樹や和平も武田先生に指導をいただけたのでよかったです。 ところで、この問題については書かざるを得ない...