シーンに合わせたファイバ施工

2017-05-01 22:34:20 | ②外構(駐車場拡張工事など)

鞍手郡のK邸の玄関からアプローチでも使用したファイバ製品。
現在の進行中の工事にも使用してますが、アプローチや駐車場のワンポイントに、
最近では施工時に活躍する機会が多く至る場所で見かけますね。

簡単に言うと「透水性樹脂舗装」ですね。
この施工の特徴は、
・優れた透水性
・優れた強度
・簡単施工
・経済的
・工期の短縮
・選べるバリエーション
・環境に優しい
が挙げられます。

ファイバ施工画像1

ファイバ施工画像2



まず環境については、優れた透過性が雨水を土に戻し、自然のリサイクルを壊しませんので自然と調和できるファイバ施工はたくさんの用途に使用できます。
施工が簡単なので、短時間で歩行や車の通行が可能です。
また、樹脂にはセラミック繊維が入っているので、砂利としっかり結合します。
さらに転圧することでさらに強度を高めることが可能になります。
豆砂利の種類も選べるので、シーンに合わせて施工が可能です。

K邸ではアプローチでの使用なのでピンコロ石で縁取りした後に、和風の建物に合わせて御影石を使用しています。それと同時に門から階段を少し押さえた色味の石張りにし、アプローチの中にも石を張り散らしています。

施工は簡単です。
下地の砕石路盤を整備したあとにファイバを敷き詰めた後にクラッシャーランでしっかりと転圧(固める)ます。
この時下地を砂利の上に引っ張り出さないようにたたくようにして広げていきます。
きれいに仕上げるコツとしては、コンパネなどを利用して転圧することで均一に仕上げることができます。

これだけです。豆砂利はたくさんの種類の中からチョイスできます。
今回は和風でちょっと渋め。
また洋風の外構工事には明るめに… といろんな用途に対応できます。

頑張ればプロではない方でもチャレンジできると思います。
DIYをされる方にはもってこいの商品ではないですか?
また施工についてのアドバイスもしていますのでお気軽にお問い合わせください。


施工に関するご相談・お問い合わせなど、お気軽に送信フォームからお送りください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鞍手郡K邸外構工事 その3 | トップ | 直方市感田M邸外構工事 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

②外構(駐車場拡張工事など)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL