メガネ日記

メガネを介して見える諸行無常

便利と善

2006-03-02 18:33:42 | Weblog
「ペアで揃えたスニーカー春夏秋と駆け抜け」
メガネです。
ケアレス・ミスをケアレ・スミスという
外人の名前だと思ってました。
「富士さん」みたいなもんです。

ネットで本が注文できるのは
とても便利なことなんだけれども
私は、できるだけ本屋で買いたいと思っている。

本屋で目当ての本を探している時間が
ものすごく楽しいからだ。
そして目当ての本を見つけたときの
「あった!」っていう快感。
山に登って頂上に着いた感じに似ている。

あと全く知らない本を手にとってみて
表紙の装丁から手に感じる
「あっ、これ面白いかも」という感覚。
で、実際買って家で読んでみると面白い。
これではずした事がない。

ネットでは、こういったことは味わえない。
「便利なものはすべて無条件に善」
という風潮になっているが
どうも受け入れることが出来ない部分がある。

ボタンを押すだけで最適な結果が得られる、ということは
何も考えなくていいということだ。
こうなると、思慮も知恵も発見も選択もなくなってしまう。

そこらへんに抵抗を感じてしまうのだが
大げさなだけだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加