Harmony

ちょっと呟いて孤独からの脱出?

サンタクロースの歌

2016-12-07 21:19:35 | Weblog
 サンタクロースのおじいさんが 
 北の国からおりて来る
 雪よ降れ降れ 降り積もれ

「もうすぐクリスマスだね。教会では、どんな歌うたってたの?」
って母に聞いたら、こんな歌をうたい出した。

よく何か適当に歌ってるから、またそんなかなあと思ったけど、
すぐ忘れる母がずっと同じ歌詞でうたってる。
きっとほんとにある歌なんだ。
後でその歌調べてみようって私が言ったら、介護士さんもそう言ってた。
101歳の人が歌うクリスマスの歌って興味あるものね。

大正時代辺りの歌かなあ。
教会じゃなく、幼稚園で歌ってたんじゃないかなあ。

で、さっき調べてみたけど、残念、分からない。
100年近くも前かもしれないものね。
そりゃないかも。
次行った時また歌ってもらおう。


今日も不調で、やっと母のところへ行ったけど、
なぜか母とこんなおしゃべりしている時はちょっと元気でいられる。
今日の母は、とっても機嫌が良く楽しそうで、私も楽しくなって、
2人でいっぱいおしゃべりした。

だけど、帰り、外へ出たら、またどっと疲労感。
やっとやっと家へたどり着いた。

玄関のところで会った下の階のOさんに、
「すごく疲れた顔してますね。大丈夫ですか?」って言われた。
本当は私が労ってあげなければいけないとても華奢な80代後半の女性に、
そんなこと言われる私は、困ったもの。

でも、母に元気たくさんもらったから、明日辺りそろそろ元気になるかもね。
夜になって少し調子良いしね。


今FNS歌謡祭を見てる。
「この広い野原いっぱい」私も一緒に歌った。
この歌をうたう時、いつも「森山良子」になった気分で歌ってた昔。
でも、今はそんなこと思えないよ。

西城秀樹さんの歌に感動した。
きっと皆んな力もらえた。
これからも歌い続けてねって思う。

あまり知らないこの頃の歌だけど、良い歌がいっぱいある。
もっといろいろ聴かなきゃね。

いいね歌謡祭。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体調もお天気も | トップ | 薬、効きますように »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL