たかが私にも たかが私でも~ゲッターズK的競馬~

地方競馬は応援するものではなく馬券を買うもの

内回りスロー想定でDanzig

2017-02-12 01:18:29 | 競馬予想
京都9R こぶし賞3歳500万 芝1600m内
 Danzig3×5・5のズアー。それらしい小脚のきいた走りでラスト2Fを11.1 - 11.1で小楽に押し切った。距離延長に少しもやっとした感じはあるのだが、スロー想定で小回りなら俊敏さが武器になるはずだ。

京都10R アルデバランSハンデ ダ1900m
 ピオネロはネオユニヴァース産駒でも柔らかい走りで広い馬場、軽い馬場があうと芝を使っている頃に何度か書いていて、東京>中山という見立てでいた。前走は久々の影響もあったのかもしれないが、1800m1分53秒台決着の力の要る馬場の適性という点にも気配りをしておきたい。中京不良馬場の1800mで1分50秒4で1着。フラットな新潟で1着。阪神でも稍重だったシリウスSで2着。今回はフラットな京都。凍結防止剤をまいた馬場は通常の道悪と区別する必要性はあるのだが、昨日の500万の1800mの勝ち時計が1分50秒6。相手関係だけではなくて舞台設定の変化も味方に前進は確実。

京都11R 京都記念 芝2200m外
 ミッキーロケットはナスキロ増幅配合で広い馬場向き、外回り向きと何度も書いてきた。だから外2400mの神戸新聞杯でも取り上げて、前走は迷いなき◎にして1着。神戸新聞杯はサトノダイヤモンドにクビ差まで肉薄。それも同斤でだ。マカヒキを認めつつも、順調に使われている強みと1キロでも斤量差がある。さらに過去5年で3着以内の15頭のうち4頭が8枠、3頭が7枠という連続開催らしい出目。軸馬としてもっとも◎を入れやすい存在と言っていいだろう。ただし、過去5年で勝ち馬の4角でのポジションは1⃣2⃣2⃣7⃣1⃣。どうさばいて、御していけるかというあたりは少し気になるところではある。前目意識で前走がTVパドックで太目歴然だったヤマカツライデンは絞れるのを前提で組み込むべき。

東京10R バレンタインS ダ1400m
 ベストマッチョはMr.Prospector4×4で、さらにその母Gold Digger≒Bold Sequence5×5・5と継続。そしてStorm Catでナスキロ注入と東京ダートにジャストフィットな配合だ。前走は15番枠で終始、内側に馬がいてあそから無理上げも下げるもならずで外々を回らされるロスが痛かった。五分の戦いができれば勝ち負けに持ち込めるメンバーだろう。



東京11R 共同通信杯 芝1800m
 このレースは広い馬場、東京向きとは限らず、むしろ中山>東京というタイプが勝つケースが少なくない。中だるみからの高速ギアチェンジ。ラストの2F目、もしくは3F目に11秒前後の高速ラップが刻まれることが多い。それに対処できる俊敏性が求められるということか。今回はそういったペースになりそうなメンバー構成だ。その兼ね合いからエアスピネル全弟のエアウィンザーから。前走は開幕週の大外で勝てるはずがない競馬をしていた。

小倉11R 門司Sハンデ ダ1700m
 マイネルオフィールはハナを切れば(3.1.0.0)。ペースが向いたとはいえ2走前のピットボス相手のクビ差の粘闘は立派。出っぱひとつで枠なり先行で押し切れるのではないか。
 他ではトミケンシャルゴー。稍重を含み渋った馬場の1700mでは(3.1.0.1)。

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディープインパクトにStorm C... | トップ | ダイヤモンドはハーツクライ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。