たかが私にも たかが私でも~ゲッターズK的競馬~

地方競馬は応援するものではなく馬券を買うもの

中山向きの血

2017-03-20 09:24:18 | 競馬予想
中山9R 鎌ヶ谷特別1000万ハンデ 芝1600m
 ユメノマイホームは母がブライアンズタイム×Nijinsky×Damascus×Forliというパワー十分の中山にフィット感のある累代配合。中山1600mは3走。前走は出負けから競馬になっていない。2走前は速い流れを追跡する立場で直線で少し不利もあった。ここは普通に出れば3走前をイメージする競馬になりそうだ。その3走前の500万1着の時計は同じ日の1000万特別でも1着に相当する。

中山10R 韓国理事会杯1600万 ダ1800m
 ここは難解。カフェリュウジンは全兄弟シュプリーム、ライジングにブリッツがみんなダート>芝。だから久々のダートで見せ場たっぷりには大いに納得。まあ、寛人、頼んだ!そんな心情馬券的な意味合いも濃い。

中山11R フラワーC 芝1800m
 このレースは過去5年でディープインパクト産駒の連対はエバーブロッサム(2着)の1頭しかいない。エバーブロッサムの母サクラサクはDanzig系デインヒル産駒でRibot4×5。その祖母Boundは≒Nureyev≒Sadler's Wells(=Fairy King)。いわゆる中山で納得の血。
 今年、圧倒的な人気なのがディープインパクト産駒のファンディーナ。母はCozzene、A.P.Indyを有すナスキロ配合。本質は広い馬場向きなのだと思う。週初めには過去の傾向に照合してひねりどころを探そうかという気は合ったのだが、走りっぷりを見ると、そもそもの器の違いであるとか、鋭敏、しなやかだけではなくて力強さも感じる走り。これではさすがに逆らえないなあと。
 デアレガーロはRibot系Alleged4×3でNureyevもち。まあ、これも人気だわなあ。







中京9R 沈丁花賞3歳500万 ダ1400m
 A.P.Indy系カジノドライヴ産駒で母の父がアフリート。Mr.Prospector4×3、Secretariat5×4。長い直線で買いたくなる配合。外枠のアフリートも買い材料。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« key to the Mint4×4のスピ... | トップ | 毎日杯はスロー&クイックの対応 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。