八兵衛のセカンドライフ

46歳で脳幹出血、今年65歳の男性、70歳までに歩行が目標。
脳の活性化のために、日々や昔のことをあえて文章だけで。

5月10日(追補:切干大根とハロー効果)

2017年05月10日 18時14分52秒 | 介護サービス
時間がなくて昨夜のブログでは省略したけど、実は私にとっては大きい出来事が昼食前にあった。
浴室から自席に戻ってくると、まもなく目の前に昼食が配膳された。
美味しそうな昼食だったけど、小鉢は嫌いな切干大根の煮物とのメニューアナウンスがあった。

ええっ?
切干大根は私が嫌いなので、いつもは事前に他の小鉢に替えてくれてるけど、
そういえば今日の調理員さんは新しい人だったし、
向いの人の小鉢と私の小鉢はよく似ているけど、
一見私の小鉢には切干大根は入っていないようにも見えるが、
出来上がった煮物から切干大根をとり、中には残っているかもしれないし・・と、
きっと私は不安と疑心暗鬼で一杯の表情だったのだろう。

 ps:マヒ眼の視力は0.1以下だし、眼鏡を外すと良い眼も0.3か0.4だし、
    しかも両眼の映像はズレて見えるし、眼振のためズレた映像も細かく振動してるから、
    微妙に細かいところはよく分からないのだ。

そこに同郷ナースさんが風のように現れて、『失礼します』と私の箸で小鉢の中身をチェックして、
小鉢の煮物の中身が、油揚げの千切り、にんじんの千切り、しらたきだけなことを、彼女自身も確認した。
それは煮物の中にも切干大根は入っていないと、私を安心させるためにして見せたことでもあった。
しらたきの醤油煮は、ちょっと見には切干大根に形状が良く似てるので。
同郷ナースさんは、食べものの嫌いな人の疑い深く考えがちな心理をよく知っていると感心した。
この1年半の中で私の性格も嗜好も知っただろうし、
なによりも私の不安気な表情に気づいて、すぐに対応してくれたことがとても嬉しかった。
そんなお昼の一件が、午後の爪切りのハロー効果になったと思う。

 追:リンクの例だと先入観のように誤解してしまうけど、ハロー効果と先入観とは根本的に違うと思う。
    私が理解しているハロー効果とは、
    ある点が非常に良いと評価すると、他の点も、ヘタすれば全てが無意識のうちに良く見えてしまうこと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月9日(爪切り) | トップ | 5月12日(ドン・キホーテのよ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リハビリ (さぼじい)
2017-05-10 20:05:04
リハビリは大変ですね!お聞きしたいのですが、自宅でのトイレはどうされていますか?
自宅トイレ (八兵衛)
2017-05-11 04:59:57
さぼじいさまへ

おはようございます。
コメント、どうもありがとうございます。

自宅のトイレは洋式便座のシャワートイレです。
トイレの前までも、トイレの中も手すり(片側)をつけています。
小用もはねかえり防止&リハビリのために、便座に座って用をたしています。

3,4年前まではマヒ手で手すりを持って、良い方の手でパンツ・ズボン上げをしてましたが、
今は両足を肩幅以上開いて立って、両手でパンツ・ズボン上げをするようにしています。
時々パンツ上げの時グラついて、手すりや壁などで立ってる身体を安定させることがありますが、
虎児を得んとすれば虎穴に・・のつもりで、両手のパンツ上げをやっています。
 
リハビリ2 (さぼじい)
2017-05-11 20:08:37
よく脳幹出血から、努力されましたね、私はもうすぐ70歳になりますが、杖歩きも出来ているのに糖尿から腎臓を悪くしてふくらはぎが腫れて72kgから88kgになり歩くのが不自由になり、透析と重度の両足が巻きつめになり現在治療中です。体力も大分落ちました。しかし元々運動好きなので、又、一から出直しです。リハビリ頑張って下さい。同じ要介護3より。
お互いに頑張りましょう (八兵衛)
2017-05-12 04:50:06
さぼじいさまへ

おはようございます。
コメント、どうもありがとうございました。
それはそれは、さぼじいさんも大変ですねえ
お互いに大変ではありますが、頑張ってリハビリして行きましょう。
きっと、何か良いことがありますよ!!

コメントを投稿

介護サービス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。