光りの「カナタニ」行くぞ!

日本の政治・経済・国防につてい情報発信します!
アジア情勢について情報発信します!
よろしく

映画「UFO学園の秘密」米ロスでワールドプレミア上映 感動の声!

2015年09月30日 15時12分48秒 | 日記

映画「UFO学園の秘密」米ロスでワールドプレミア上映 感動の声!

今掛監督舞台挨拶

インタビューを受ける松本総合プロデューサー

トム・ケニー/ウンモ星人役

フレッド・タタショア/レプタリアン役

上映中の様子

日本で10月10日から公開される映画「UFO学園の秘密」のワールドプレミア上映が26日(日本時間27日)、ロサンゼルスの「DIRECTORS GUILD OF AMERICA」で行われた。

(上映の様子は http://youtu.be/47x7dvPxrrA )

 

会場には英語版の制作スタッフやキャスト、業界関係者が集まり、会場は満席となった。上映に先立ち、会場では今掛勇監督の舞台挨拶が行われたほか、総合プロデューサーの松本弘司氏や、英語版のキャストでアメリカの有名コメディアンのトム・ケニー、フレッド・タタショアなども現地マスコミのインタビューに答えた。

 

映画上映後は拍手喝采となり、参加者からは、「映像の美しさとストーリーが素晴らしかった」「科学とスピリチュアルの世界を融合しようとしているところが、すごく新しく面白かった」「この作品の続きが待ちきれない!」など、興奮醒めやらぬ感想が寄せられた。

 

なお、今回のワールドプレミアを皮切りに、北米での公開がスタートする。現在決まっている予定は以下の通り。

 

  •  10月2日(金)~6日(火)ニューヨーク:Cinema Village
  •  10月2日(金)~4日(日)トロント:Yonge and Dundas Cineplex
  •  10月9日(金)~15日(木)ロサンゼルス:Laemmle Royal

 

 

 

日本での公開まで2週間を切った。全国の上映館は映画の公式ホームページで見ることができる( http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=384 )。

 

【関連ページ】

映画「UFO学園の秘密」公式ホームページ

http://laws-of-universe.hspicturesstudio.jp

 

【関連記事】

2015年7月24日付本欄 映画「UFO学園の秘密」最新予告編が公開 この地球は宇宙に必要か? 

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9964

 

2015年7月8日付本欄 7月8日はロズウェル事件の日 UFOマターは世界の軍事機密

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9874

 

2015年10月号記事 目を覚ませ!UFO後進国ニッポン - 宇宙人との遭遇 - マスコミが報じない真実

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10083

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「南京」「慰安婦」をユネスコ記憶遺産にするな! 学生150人がデモ

2015年09月22日 13時47分05秒 | 日記

「南京」「慰安婦」をユネスコ記憶遺産にするな! 学生150人がデモ

 

中国は「南京大虐殺」「従軍慰安婦」をユネスコ記憶遺産として登録申請しており、10月上旬に最終審議が行われる。これについて、自虐史観を払拭し日本の誇りを取り戻す活動を続けている幸福の科学の学生局は21日、登録に反対するデモを東京・新宿で行い、学生150人が参加した。

 

 

「ユネスコは中国の嘘に惑わされるな」などシュプレヒコール

デモに先立ち、日本政府とユネスコに対して何度も署名や反論書を提出している幸福実現党の国領豊太青年局長は、「中国によるユネスコ記憶遺産の問題について、幸福実現党は1年間じっくりと取り組んできました。安倍政権は、反対派の批判によく耐えて安保法制を成立させましたが、歴史認識においては安倍談話に象徴されるように、十分に対応できていません。今日は若い人たちと声を上げることで、世間の皆様にもこの問題をしっかりと訴えていきたいです」と挨拶し、学生たちを鼓舞した。

 

晴れわたり澄み切った空の下、日の丸を掲げたデモ隊は、「ユネスコは中国の嘘に惑わされるな」「日本政府はきちんと反対声明を出せ」などのシュプレヒコール上げながら新宿駅前を練り歩いた。デモ隊が声を合わせて「We Love Nippon!」とコールすると、拍手をしたり、一緒に声を上げる通行人もいた。中にはデモの内容を理解して飛び入り参加し、一緒にデモ行進をした人もいた。

 

デモに初めて参加したという千葉県在住の女子学生(19歳)は、「日本は素晴らしい国なのに、偽りの歴史認識で日本が世界から侵略国家として見られるのは、日本人として悔しすぎる。自分も日本のために何かしたいと思って参加しました」と感想を述べた。

 

また、神奈川県横浜市在住の男子学生(21歳)は、「左翼的な世論が強いから、中国政府の一方的な言い分がまかり通っている現状がある。若い人がしっかりと主張することで、年配の方にも賛同をいただき、国民が一体となってこの国の誇りを守っていきたい」と決意を示した。

 

神奈川県相模原市在住の男子学生(21歳)は、「もし誤った歴史がユネスコに記憶遺産として登録されたら、先の大戦での日本の人道的な行いや、戦後70年間、国際的な平和を守ってきた日本の立場が揺らいでしまう。世界から日本が“侵略国家"だと誤解されることは、どうしても見過ごせません」と訴えた。

 

 

日本政府は中国による申請を却下すべく行動を起こすべき

戦後の国際社会には、中国・韓国の働きかけやロビー活動などによって、「南京大虐殺や従軍慰安婦は事実」という誤った認識が広がっている。しかし、中国が「南京大虐殺」資料として申請している書類は大虐殺の事実を証明するものではなく、南京戦の参加者も「大虐殺」を否定している。慰安婦の“強制連行"についても、その証拠はない。

 

中国の申請は、政治的なプロパガンダであり、ユネスコという国際機関のお墨付きを得て政治利用しようとするものだ。ユネスコ記憶遺産の最終審議はまもなくだ。日本政府には、手遅れになる前に、申請を却下するよう働きかけることを求めたい。(真)

 

【関連記事】

2015年9月7日付本欄 ユネスコ記憶遺産 日本政府が中国への反論内容の開示を拒否!?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10144

 

2015年7月31日付本欄 「南京・慰安婦」の記憶遺産に日本の民間団体がNO ねつ造された歴史を遺産にしてはならない

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9989

 

2015年4月2日付本欄 「南京」「慰安婦」ユネスコ記憶遺産への登録中止を求める署名19万筆 幸福実現党が安倍首相に提出

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9434

 

2015年10月号記事 ユネスコ関係者が証言 「政治性の強い申請は却下すべき」 - The Liberty Opinion1

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10090

 

2015年1月15日付本欄 「南京」「慰安婦」を記憶遺産にしてはいけない理由【そもそも解説】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9046

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学生団体「SEALDs」に対する、海外のコメント。

2015年09月19日 18時07分59秒 | 日記

学生団体「SEALDs」に対する、海外のコメント。

記事
2015 年 9 月 18 日(幸福実現党 小島一郎ブログから転載)
 
安全保障法案が成立しようしています。今晩にも採決されるでしょう。

国会前では相変わらず、左翼陣営が占拠しています。

学生団体「SEALDs」はすっかり有名になりました。マスコミに祭り上げられ、海外にまでとどろいているようです。

ブログで海外の反応として、ウォールストリートジャーナルの要点と、その読者のコメントが紹介されていましたので、コメント部分を抜粋して転載したいと思います。

ウォール・ストリート・ジャーナル誌は昨日(9/17)、安全保障関連法案に対して、
5月の結成以来抗議活動を続けている「SEALDs」を特集した記事を掲載。

要点は以下

・安保法案反対デモにおいて中心的な役割を果たした。

・創設時は6人だったが、現在は約1000人にまで膨れ上がった。

・彼らの登場は、主な反対派である、高齢化するリベラル派を勇気づけた。

・団体名にも英語が用いられているように、西側の影響を受け入れており、デモに使う看板などは英語のみで書かれていることが多い。
抗議の際には、ヒップホップのリズムに乗せて政治的スローガンを叫ぶ。

・安倍内閣の支持率は、デモが始まった5月時点の51%から43%に。抗議デモが内閣不支持の増加に繋がったのかどうかは不透明である。

・上智大学のデービッド・スレーター教授の話
「Sealdsは普通の大学生の集まりだと人々から認識されている。過激派ではなく、活動家でもない。普通の学生たちが日本の政治の行方を懸念しているのが現状だ」

以上になります。

海外では抗議デモが日本よりもはるかに一般的ですが、今回の日本のデモに関しては、見当違いと考える外国人が少なくないようで、コメント欄には厳しい声が相次いでいました。

■ 確かに安保法案なんかいらないよな……。北朝鮮や中国が何か事を起こしたとしても、アメリカ兵が命を賭けて日本を守ってくれるもんな……。 +3 アメリカ

■ マンガでも読んでろ。中国の脅威から目を逸らしてるのか?今の自衛隊のままじゃあっという間に一掃されるぞ? +3 タイ

■ 色んな脅威や他国からの侵略から国を守れない。そんな独立国家は存在しないんだぜ……? +2 国籍不明

■ あの単純な学生たちは、そう遠くない内に中国の被害者になるだろう。お子ちゃまたち、目を覚ます時間だぞ。 +9 アメリカ

■ そのままデモを続けてくれたまえ。……彼らには、他国の脅威を心配する必要はないようだ……。 +2 国籍不明

■ 世間知らずなお子様たちねぇ。あなた達、中国のことはどうするつもりなの? アメリカ

■ 日本人じゃない俺でも、日本の為に戦った男たちに敬意を抱いてる。日本の学生はぶっちゃけダメダメだな。 フィリピン

■ あの「学生」たちは、自国の領海に滑走路を作られたとしても、ああやってデモを続けてるんだろうか。 +3 インド

■ 彼らの背後では、当然かの国が糸を引いてるんだろうなぁ。 +1 アメリカ

■ 学生たちの行動は素晴らしいものだと思う。だけど日本は国際社会の一員なんだ。平和を破ろうとしている勢力が存在するのだから、他国と協力していく体制を取る必要があるように思う。とは言え、そういうのが必要なのは戦争の時だけだからね。現時点に限ればやっぱりこの学生たちは正しいよ。平和なときには、平和主義でいるべきだ。 インド

■ 日本は主権国家だろ?自分たちを守る権利は持たなきゃいかんだろ。 +8 アメリカ

■ そうだね。だけど日本とは関係のない戦争に引きずり込まれる可能性がある。だから彼らは抗議してるんだと思う。 香港

■ 実際のところ、日本の海軍は世界最強クラスなんだ。アベ首相がしようとしてることは、防衛時以外でも、軍事行動が出来るように憲法を変えるって事だから。 +1 韓国

■ これ以上この世界に戦争はいらないよ。 国籍不明

■ 無知な学生たち。そう言わざるをえない。 アメリカ

■ 学生運動じゃなくて、左翼の仕業でしょ。中国が攻撃性を増してる中、アメリカにやる気がない中、日本がすべき事は自衛軍を作って核による抑止力を持つことだよ。 +2 インド

■ 中国が日本や他の国への侵攻を始めたとき、彼らはアベ首相が防衛力を高めたことを感謝するだろうね。 台湾

■ 共産党がデモ隊にお金を渡してるんでしょ。 +10 アメリカ

■ シュタージやKGBが緑の党を支援してたからね。それを考慮すると、君の考え通りでも驚かない。 +2 アメリカ

■ 日本の学生は、たぶん地理に明るくないんだろう。 +1 アメリカ

■ 日本の若者たちは戦争についてそろそろ学んでいかないと。こういうのもアメリカの保護にあまりにも頼りすぎた結果だな。アベ首相は正しい方向に進もうとしているし、日本のためになると考えて行動してるんだよ。 イギリス

■ あまりにも世間知らずだ。

なぜ彼らは中国の領海侵犯には抗議をしないんだ?彼らは見当違いをしているように思える。

日本の学生がこんな愚かだとは今の今まで知らなかった。 +3 アメリカ

■ 哀れだな……。日本の再軍備は時代の要求だろうに。 ドイツ

■ 彼らはテロから自国を守る手段は必要ないと思ってるの? 国籍不明

■ アメリカにはもう金がない。日本は自分たちでどうにかしてくれ。 アメリカ

■ 日本はアジアに於ける軍事的大国にならないと。中国の侵略に対抗できる存在としてアジア諸国が日本に期待をかけている事を、あの学生たちは認識しないといけない。 アメリカ

■ この学生たちは、自国を守ろうとしてる政府を非難する前に、まず拡張主義を採ってる中国のことを考えろって! +18 国籍不明

■ 真の防衛って面では、アジアの人たちは日本を頼りにしてるからね。アメリカ? 絶対にお断りだ! +1 ベトナム

■ 第二次世界大戦の時に日本がやったみたいに、中国が日本を侵略して日本人の命を奪うと思う?中国が日本に対して何か悪さをしたことがある? +6 国籍不明

■ 日本が過去に何か悪さをしたからって、無防備な状態でいろとでも言うつもりかい?それは今のアメリカの態度と同じだね。「俺達は過去に黒人を奴隷化していた。だから彼らに最大限の権利を与えよう」 +4 アメリカ

□ 米軍が一年中日本の権益を守ってくれてるんだから、こういうデモ活動も気楽に出来るでしょうねぇ。 +44 アメリカ

■ 日本は日本のことを考えてるんだよ。アメリカみたいな帝国主義国家のことなんか、もう気にかけないのであしからず。 +2 香港

□ なら費用をもっとかけてもらって防衛は日本に任せることにしようか?日本が自分たちの国民を守る能力を上げることで、アメリカの軍事的影響力が減少することになったとしても、アメリカ人は誰一人として困らないと思うが? +9 アメリカ

■ それにしても、もし中国と戦争になったとき、
日本の学生たちは誰が自国を守ってくれると考えてるんだろう?
アメリカが守る義務を負っているとでも考えてるんだろうか?
 +7 国籍不明

■ 今現在、日本はアメリカの同盟国だ。そんなことがあってはならないが、もし世界大戦が起きれば、日本を含めた全ての同盟国を守るために俺達は戦うさ。 +1 アメリカ

転載は以上です。

様々なコメントがありますが、日本を守るために軍隊と派遣しているアメリカから見たら、どう見えるのか分かります。

また、「国際情勢として、中国が南シナ海でフィリピンの島に勝手に滑走路を作っているような、現在のアジア情勢に対して、日本の平和のためにも守りを固めることは当然だ」といった意見は、極めてまともだと思います。

私は、安全保障法案には賛成です。

さらに、自分の国は自分で護るためにも、抑止力として、憲法9条を変えなければなりません。一層、踏み込んだ議論が必要です。

幸福実現党 小島一郎

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪を衰退させた橋下市長 大阪の地盤沈下は都構想では解決できない

2015年09月13日 09時35分17秒 | 日記

大阪を衰退させた橋下市長 大阪の地盤沈下は都構想では解決できない

 

橋下氏が新党の結成を急ぐのは、11月に大阪府知事選挙と大阪市長選挙のダブル選を控えているためだ。この選挙で新政党は、「大阪都構想」を訴える方針である。

 

しかし、約7億円の税金を使って行われた5月の住民投票により、「大阪都構想」は否決された。橋下氏が再び争点にする道理はない。むしろ、市民の審判を仰ぐべきは、大阪の経済力を衰退させてきた橋下政治だ。

 

 

大阪からの企業流出が続く

2014年までの10 年の間、大阪から転出した企業数は、転入の1523件を超える2424 社になり、転出超過が続いている。転出先で最も多いのは、東京ではなく、兵庫県だというところにも事態の深刻さがうかがえる(2番目は東京、3番目は奈良県)。

 

橋下氏は、新党で定める綱領のたたき台で「首都圏一極集中から多極分散型構造への移行」として東京への一極集中を変える方針を示しているが、まずは大阪の企業流出を防ぐのが先でないか。

 

また、長らく問題になっている大阪市での生活保護受給率は、高止まりのまま。その数は約15万人で、実に市民の18人に1人が生活保護を受け取っている。これは、全国平均の3倍の数値だ。

 

 

京都市・福岡市は成果を出している

橋下氏は、そうした現状を「都構想が実現しないからだ」と責任転嫁するかもしれないが、他の都市ではどうか。

 

大阪市と同じく、政令指定都市の京都市では、2000年に「10年後の観光客数を5千万人にする」という目標を設定。その後、観光振興策を手掛けたことで、09年には目標を達成し、13年の観光消費額は7千億円を超えた。「世界の観光地・京都」の地位を固めつつある。

 

高島宗一郎氏が市長を務める福岡市では、政令指定都市と東京23区の中で、企業の開業率が1位(7.1%)となり、起業する若者の割合も1位(12.3%)に輝いた。英情報誌が昨年発表した「世界で最も住みやすい25の都市」でも、福岡市が10位にランクインするなど、競争力を増している。

 

これらの都市では、着実に成果を上げている。しかし、橋下氏はと言えば、一向に「大阪の地盤沈下」を阻止することができず、今度は目先の収入欲しさのためか、カジノ誘致に積極的な姿勢を見せるなど、大阪を良くしようとしているとは思えない。そろそろ、大阪府民は、大阪を衰退させる橋下政治の本質に気づくべきだ。(山本慧)

 

【関連記事】

2015年8月27日付本欄 橋下・松井両氏が離党を表明 維新の党は何を残したのか?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10110

 

2015年7月号記事 政治家は大局観を持ち赤心の人であれ 大阪都構想否決で「橋下劇場」に幕 - The Liberty Opinion 4

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9649

 

2014年4月号記事 地方が国政を振り回すのは亡国の妄想 - 橋下大阪市長の劇場型政治の終わり - The Liberty Opinion 3

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7412

コメント
この記事をはてなブックマークに追加