光りの「カナタニ」行くぞ!

日本の政治・経済・国防につてい情報発信します!
アジア情勢について情報発信します!
よろしく

「日本国憲法」の問題点(2) マスコミ権力が、国民の「公務員罷免の権利」と「言論の自由」を侵害?

2017年06月15日 06時05分17秒 | 日記

「日本国憲法」の問題点(2) マスコミ権力が、国民の「公務員罷免の権利」と「言論の自由」を侵害?

戦後、日本人の"精神的主柱"となってきた憲法9条。「憲法9条を守っていれば、平和を維持することができる」という考え方は、大半の日本人の意識に浸透しているようです。

 

しかし、最近の中国や北朝鮮の横暴を前に、自国を守るために戦うことができない9条の矛盾は、日に日に明らかになってきています。

 

ただ、日本国憲法は、9条の他にも矛盾を抱えた条文や内容が多くあります。

今回は、憲法に規定されていない「マスコミ権力」が、国民の「公務員を罷免する権利」や「言論の自由」を侵害している状況を検証します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都心の相続税は「お家お取り... | トップ | 豊洲問題、いったいなんだっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。