光りの「カナタニ」行くぞ!

日本の政治・経済・国防につてい情報発信します!
アジア情勢について情報発信します!
よろしく

故・渡部昇一氏の最期の著書『魂は、あるか?』知の巨人が「あの世は存在する」に“賭けた”理由

2017年09月26日 06時37分22秒 | 日記

故・渡部昇一氏の最期の著書『魂は、あるか?』知の巨人が「あの世は存在する」に“賭けた”理由

毎日忙しい生活を送っていると、つい忘れがちになってしまいますが、人は誰でも、いつかは必ず死んでいく存在です。「死」や「魂」などの問題は、どんな人も一度は考えるテーマといえるでしょう。

 

今年4月にこの世を去った、保守言論界の巨人・渡部昇一氏の最期の著書『魂は、あるか?~「死ぬこと」についての考察~』が9月に発刊されました。

 

同書は、渡部氏の息子の玄一氏が、父親に「霊魂の存在」についてインタビューした内容をまとめたもの。「人間とはどういう存在なのか」「魂は存在するのか」「死後の世界はあるのか」「信仰とはどういうものなのか」など、人生の根源的な問いについて、渡部氏が数十年に及ぶ思索を積み重ねた結果、導き出した答えについて書かれています。

 

本欄では、渡部氏の生前の死についての考察と、死後、霊となった同氏が「霊言」というかたちで語った内容を紹介し、同氏の最期の教えについて考えてみます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮問題 正しい解決方法は... | トップ | 幸福実現党が衆院選へ向け党... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。