なんでも暗唱『黄金の記憶・暗唱法』

本記憶・暗唱法は元号、歴代天皇、円周率、百人一首、古典、詩、現代文、英文など全ジャンルの言葉、文を暗唱できるようにします

桑田さんの「祭りのあと」を暗唱します

2016-10-13 21:35:18 | 日記
色々と暗唱してきましたが、今回は歌詞に挑戦します。
私には歌詞を見ないで歌える歌はありません。
歌詞といえば、真っ先に気になるのが桑田さんの「祭りのあと」です。
「情ない男で御免よ。愚にもつかない俺だけど」で始まる台詞がまるで自分のことを言っているようで気になります。
メロディーもいいのですが、何度聞いてもその先の歌詞が全く覚えられません。
そこでこの度、なんでも暗唱「黄金の記憶・暗唱法」で暗唱に挑戦しました。なんとか覚えることはできました。
この詩は意味が分かりにくいですが、深いものを感じます。自分の過去と照らし合わせると分かるような気がします。
桑田さんの 「祭りのあと」を暗唱します
この歌詞を覚えて妻がよりいとおしく思えるようになりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 枕草子「春はあけぼの」を少... | トップ | 元素の周期表の記憶・暗唱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。