昆虫採集記

『ふるさと世界の昆虫館』の館長です
昆虫採集や標本紹介などを気ままに更新していきます。

ヤマトタマムシが羽脱していました。

2017-06-22 20:09:56 | 飼育昆虫
春先に拾ってきたタマムシ幼虫の入っていると思われるエノキ材を容器に入れておきました。

今朝、調べてみると羽脱したばかりの成虫が容器の隅にいました。
この個体が出たと思われる新しい脱出孔の近くに止めて写真を撮りました。

他にもいくつか幼虫がいるはずですので、材を割ってみようかと思いましたがサナギになっているかもしれないのでやめておきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒラタクワガタの羽化が始ま... | トップ | スマトラヒラタのハンドペア... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついに (コフキコガネ)
2017-06-22 23:24:55
ついに憧れの宝石が出ました。PCで見ることになるとは。大変嬉しいです。
何ヵ月くらい蛹だったのですか。大きさはどれくらいでしょうか。図鑑には30〜40mmとありましたが。性格が臆病とも書いてありました。
玉虫厨子に使われている虫ですよね。同じ色です。
このブログの写真と昆虫図鑑の写真とを交互に見ながら、ため息をついてます。きれ〜いです。
ありがとうございます (原木)
2017-06-23 06:10:10
先月いちばん太い部分を割ってみると、蛹室をつくっている終齢幼虫がいましたが、何回か開けているうちに死んでしまいました。前蛹は細い体をしているのに成虫になるとずいぶん太い体に変わるものだと感心してしまいました。
今回羽脱したのは何も手を付けていない材からでしたが同じくらいに成長していればサナギの期間は1ケ月くらいでしょうか?今回出てきた個体は40mmほどの♀でした。

コメントを投稿

飼育昆虫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。